私のアウトプットの定義と質の高いアウトプットをするためのヒント

先日、同僚と「アウトプット」について話をする機会があり、自分の考えを整理することができた。そこでの話を踏まえて、2021年時点での自分の「アウトプット観」とも言えるものを整理しておこうと思う。

インプットとアウトプットの関係

インプットとアウトプットは食事と排泄に例えられることがあり、この比喩は結構気に入っている。何が原典なのかはわからないけど、「アウトプットしないのは知的な便秘」で検索するといくつからしき話が出てくる。食べたら出さないとだめ、インプットしたらアウトプットしないと体に良くないということだ。

私の「アウトプット」の定義

さて、ここまで「アウトプット」を定義せずに話してきたのだが、ここで 私の思う「アウトプット」 を定義しようと思う。私の思う「アウトプット」は次のようなものだ。

本や文章を読んで「おもしろかった」などの感想を口に出すこと 本を読みながら重要だと思ったところに線を引くこと 自分が学んだことについて文章を書くこと 課題を解決するためにコードを書くこと etc

そう、なんでも「アウトプット」だと思っている。もう少し言語化を試みると、

自分を取り巻く環境からのあらゆる入力に対して、自らが起こした反応

といった感じだろうか。インプットを咀嚼して起こした行動は全てアウトプットと呼んでいいと思う。

質の高いアウトプットとは?

一方で、全てのアウトプットが同じレベルであるとは思っていない。アウトプットの質(や量)という観点は当然存在する。

社内ではhsbt文書と呼ばれている文章があり、質の高いアウトプットがなにかというのはある程度コンセンサスが取れているし、私自身も全面的に同意している。 また、hsbtが書いた別の記事何故アウトプットが大事なのかでは、 アウトプットに対するフィードバックをインプットへつなげる ことが重要であると述べられている。

ではここで、質の高いアウトプットとはどういうことか、いくつか例を出して考えてみる。

私がある本を読んで「おもしろかった~」という感想をツイートした。それを見た友人は「よかったね~」「私も読んだけど面白かった」といった反応をくれたり、「その本が面白かったなら、こっちの本も好きだと思うよ」と別の本を紹介してくれた。

このエピソードでは、最後の「別の本を紹介してもらえた」というのが、アウトプットに対するフィードバックが次のインプットに繋がった例だと言えるだろう。

さて、別の例を考えてみる。

私がある映画をみて「ラストシーンの直前の、主人公が敵のアジトから脱出する際のアクションがよかった」とツイートした。それを見た友人は「私は前半の侵入するシーンの主人公の表情がよかった」「こっちの映画はそのシーンよりもすごいアクションがあるよ」などの返事をくれた。

ちょっと出来すぎた話だが、 例として大目に見てほしい。この2つの例で私が言いたいのは、アウトプットの解像度を高め、具体化することで、フィードバックの質を高めることができる可能性があるということだ。人同士のコミュニケーションでは、受け取った情報と同じレベルの情報を返すことが多い。「おはよう」と言われたら「おはよう」と返すし、「おはよう。今日は元気?」と言われたら「おはよう。元気だよ。あなたは?」と返すだろう。

つまり、アウトプットへのフィードバックを受けるには、アウトプットの質(や量)を意識する必要があり、そのためにはアウトプットの解像度を高めたり、具体的にすることが有効であると言える。

「アウトプットの質を高めたい」と漠然と考えている人は、このあたりをヒントにしてもらえるといいと思う。

おわりに

このエントリでは、同僚とアウトプットについて話した内容を踏まえ、自分なりの「アウトプット」の定義とその質についてまとめた。

私自身も、まだまだ「質の高いアウトプット」と呼べるものが少ないと感じているので、自戒を込めてこの文章を書いている。もし今後、私が適当なアウトプットをしていたら、このURLを送りつけて「お前は言ってることとやってることが違うぞ」と指摘してほしい。

2021-01-28

仕事があまりうまく行かなかったのでテンション下がり気味。そんなこと言ってても問題は解決しないので、一つ一つ倒していこう!

いいウェブログがあったので、それについての感想をもって、今日の日記としよう。

今日のウェブログ

質の高い技術文書を書く方法 - As a Futurist...

riywoさんのめっちゃいい文章が公開されていた。

「文章から得られるアウトプットをまず定める」や「結論を最初に書く」というのはなるべく意識していて、最近会社で書いている短めのドキュメントは、ページタイトルで誰が何に困っているときに読む文章なのかがわかるように気をつけいているつもり。(例えば「サービスAが閲覧できない障害に対応する」といった感じ)

「箇条書きを乱用しない」というのは本当にそう。私は、箇条書きを乱用しまくるくせがあることを自覚しているので、まとまった文章を書くときは意識的に箇条書きを避けるようにしている。<ul>と<ol>の意味で表現するのが正しいと思ったときにだけ箇条書きを使うように心がけている。

一方で、ドキュメントがないよりは箇条書きであってもあったほうがいいとも思っている。この点、scrapboxは箇条書きを一級市民として扱うことで、ドキュメントを書くための心理的障壁やクオリティの底上げ(変な構造になっているよりは箇条書きのほうが構造がわかりやすい)ができるんだろうなと考えている。( 箇条書き - 橋本商会 )

最後に、この記事で重要だと言っている以下の一文の後半は、自分はあまり意識できてないところだったので、これからは(自己)レビューのときに意識しようと思う。

文書から得られるアウトプットが明確で、読み手のレベルによらず一定に伝わること

今日の読書

今日はお休み

今日の英語

今日はお休み

2021-01-26

DHCのブルーベリーサプリを飲み始めて60日たっていた。去年の健康診断で、視力がびっくりするほど下がっていたのでこれはまずいと飲み始めたのだけど、今のところ普段の生活の中ではあまり変化は感じられない。もともと目がいい方だったので、なんというか、老いなんだろうと思ってはいるのだが…

朝はエンジニアリングマネジメント学習会シーズン2。今日はドキュメンテーションについて、みんなで議論できてよかった。

夜は所要があったので少し早めに仕事を切り上げて、用事をこなすなど。

そういえば、息子が帰ってきてからずっと体調が悪そうだったので心配。明日には元気になってるといいのだが。

今日のウェブログ

マネジメント業を通じて考えた、プロジェクト全体像の認識齟齬を防ぐ誤解されないドキュメント作成術 - ANDPAD Tech Blog

ドキュメントの書き方について、MECEを意識することが大事という話だと理解した。また、その実例もあり、よい記事だった。

一方で、ドキュメントは2次元、平面上のものであるというのは、現状の仕組みがそうであることと、それ前提で人間の認知に限界が作られてしまっているという話であって、3次元空間や時間といった軸をうまく表現できるツールが生まれたら状況は変わるだろうと思っている。し、そうなってほしいと願っている。

今日の読書

SRE本の7章を読んだ。自動化というのはソフトウェアのためのソフトウェア、つまり「メタソフトウェア」であるというのがとてもよかった。新しい語彙をもらえて最高。

また、k8sを身近で使うようになって、以下の文の意味がようやくわかってきた感覚があった。

システムが手動、自動、自律、という階段を上がっていくにつれて、自己検査のための能力がないと生き残れないのです。

今日の英語

今日はお休み。Duolingoで中国語を30xpだけ。

2021-01-25

先週の後半から腰痛が再発して、土日は完全に静養モードになっていた。今朝も調子が悪く、このまま仕事しても気が散って無理そうだったので午前中は有給をとること。ご飯を食べてからロキソニンもぐもぐして休んでいた。

午後からは薬も効いて復活してきたので仕事開始。進めなきゃいけなかったものが少しは進んだのでよかった。

また、pepabo/active_merchant-epsilonをGitHub Actionsへ移行するやつや新バージョンのリリースをレビューしてもらってマージ。gemのリリースはまだ温かみのある手作業なので手元からrake releaseを打ってリリースしておいた。

今日のウェブログ

esm7/obsidian-vimrc-support: A plugin for the Obsidian.md note-taking software

obsidian.mdでvimキーバインドを使えるようにする拡張。Kinesisのときはカーソルキーでの移動でいいんだけど、ラップトップのキーボードを使うときにあると便利なのでインストール。ノーマルモードに戻るときにIMEをオフにするのとかはできるかまだ見てないけど、普通に使う分には十分っぽい。

Foam | A personal knowledge management and sharing system for VSCode

Roam ResearchっぽいことをVSCode上でやるExtensionとそのテンプレート。VSCodeの拡張と組み合わせられるから確かに便利かもなと思って見ていた。

今日の読書

腰痛のためお休み。

今日の英語

同じく腰痛でお休み。Duolingoで中国語を少しだけやっただけ。文法がわかってないので「我姓王」というのがどういう文型なのか理解できてないのだけど、繰り返しやっていくと語の並びで読めてくるのは不思議。

2021-01-21 いい紅茶を買ってもらった

WFHの日常になってから、飲み物をどうするかという問題に悩まされている。それを見かねた奥さんがちょっといい紅茶を買ってきてくれた。30種類が1つずつ入っているので、初日は一番ふつうっぽい「5000 ダージリン・ザ・ファーストフラッシュ」というのを飲んでみた。今まではリプトンの三角形のやつで生活してきたので、それと比べると確かに香りもいいし、説明の通り爽やかな渋みで美味しかった。これが「分かる」ということかぁ。

これにより、朝はコーヒー、昼からは紅茶、夕方から寝る前はカフェイン入ってないもの(冬ならホットミルクやホットレモネードなど)というサイクルを作れそうなので、ルーチン化してやっていこうと思う。

今日のウェブログ

短縮URLにFirebase Dynamic Linksを利用している - Glide Note

独自ドメインで短縮URLを作る方法。特にインターナルなリソースの短縮URLがほしいことがあるので、会社でも使えると便利なのかもなぁ。

Productivity - Golden Kitty Awards 2020 | Product Hunt

Obsidian.mdがProductHuntのAward(Productivity部門)にノミネートされたそうなので、Productivityに関する他のプロダクトもみてきた。気になったのがいくつかあったのでメモっておく。

Tables by Area 120 by Google | A Business Workflow Automation Tool GoogleのArea120のプロダクト。よくある感じには見えるけど、ボットによる自動化というのを一番上に持ってきてるのが面白い。 Timestripe 日・週・月・年という複数の時間軸で目標やタスク管理ができるやつ。

Productivity部門以外も面白そうなのがたくさんあるので後でみてみる。

今日の読書

「行動経済学の使い方」を読み終えて、「スケーラブルデータサイエンス」を2章の途中まで読んだ。実際に手を動かす本なので、土日にエイッと進めようかな。明日からはSRE本に復帰する予定。

今日の英語

お風呂に入りながらラジオ英会話のLesson 188を聞いたけど全然聞き取れなくてがっくり。先月も出ていたというイディオム「on the same wavelength(同じ波長で->同じ認識で)」が面白かった。

We are on the same wavelength!

2021-01-20: pepabo orgのOSSをメンテしたい。するぞ!

今日の写真は、この前動物病院に行ったときのもので、もう帰りたくてしょうがない様子。

さて、今日は比較的早く起きて、コーヒーを飲んで目を覚まして仕事に臨んだのだけど、仕事の成果としてはいまいちだった。

仕事が終わってからは、そういえば最近ずっとGitHubのpepabo orgにあるOSSをみてないなと思って見に行ったのだが、いくつかPRが来ていたのを放置してしまっていたのがわかり、申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら対応した。pepabo/active_merchant-epsilonはリリースしたほうがよい変更だったので、明日Pull Request作るかな。

また、今日見たやつ以外にも、依存しているライブラリのバージョンアップが放置されているものや、CIのGitHubActionsへ移行したほうがいいもの、リリースまで自動化出来るのでしたほうがいいものなど、バリュー出し放題ということもわかった。

さしあたり自分がメンテ出来るのはRubyとPHP関連にはなると思うのだけど、誰か一緒にやらないかな?

今日のウェブログ

46 世代をこえて恩を送りたい by キマグレエフエム • A podcast on Anchor

学生向けの書籍プレゼント企画 - 29box

june29がめちゃめちゃいい話をしている声を聞けて嬉しかった。文章は文章の良さがあるのは勿論だけど、こういう「よかったこと」を嬉しそうに話している様子ってのは音声や映像ならではでとてもよい。

フォントワークス8書体が無料公開!商用利用や埋め込みも可能で「Google Fonts」にも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

どれもめちゃめちゃいいフォント。無料でここまでのフォントがWebFontとしても使えるというのはとても良い時代だ。

今日の読書

1ポモドーロで「行動経済学の使い方」を1/3くらい。残りちょっとなどので明日読了できそう。

今日の英語

NHKラジオ英会話のLesson 187。単語も文法も比較的簡単だったのでスムーズに練習できた。「How on earth(一体どうやって?)」という言い回しが面白かった。

How on earth did you do it?

夜は、一億人の英文法を1ポモドーロでPart1のSECTION3~5を読んだ。読んでいてとても面白いのだけど、知識として身についているかと言われると全然自信がない。ので、毎回こういうことかーというのをアウトプットしてみることにする。

今日は自動型と他動型のニュアンスの違い。

He shot the bird. He shot at the bird.

1は他動型で、動詞shotが目的語the birdに強く力を及ぼしている、つまり命中していることを表現している。2は自動型+前置詞句で、He shotの説明としてat the birdがある、つまり」the birdに向かって撃った」ことを表現している。

2021-01-19

全然起きれなくて10時くらいに起床。火曜日はエンジニアリングマネジメント学習会の日なので、慌ててご飯を食べたりしてPCのスイッチを入れて参加した。昨年末からシーズン2としてやり方を変えているのだけど、前回からスケジュールの調整などの参加方法を改善したので、いつもより多くの人が来てくれて嬉しかった。この件は今月中にまとまった記事を書くぞ。

仕事は午後からいくつか1on1をして、中には久しぶりに話す人もいたのでちょっと話しすぎてしまった。時間の見積もりを完全にミスってしまったなぁ。30分の予定にしていたんだけど、久しぶりの人や初回は1時間とっておいたほうがいいと思ったの次回からはそうしよう。

夜は別件で締め切りの仕事があったので少し遅くまでやってしまった。おかげで習慣のいくつかをスキップすることになってしまって良くない傾向。明日から復帰できるようにリズムを作り直そう。

今日のウェブログ

SREの民主化とクラウド移行 - エムスリーテックブログ

昨年末からSRE的な活動を少しずつ始めているのだが、いまいち改善が回っている感じがしなく、組織の形や考え方のヒントになりそうだったので読んでいた。リスクと工数のマッピングをして優先順位を決めるというのは良い方法だと思ったので、道具箱に入れておこう。

今日の読書

DMM.comの本が終わったので、積読状態だったスケーラブルデータサイエンスを1ポモドーロで1章を読んだ。途中まで読んだ記憶があったので、Kindleでマーキングしてたところを中心に流し読みして記憶を呼び起こせたので良かった。

今日の英語

今日は何もできなかったので明日がんばりましょう。

2021-01-18

昨日書いたとおり、今日からDuolingoは英語話者向け中国語。日本語話者向け中国語だとよくわからなかったイントネーションも解説のおかげで理解が進んでよかった。

仕事では調べ物がいくつか溜まってきたので時間を作って調査を進めないとなぁ。最近打ち返し仕事が多くてそれらをやってるといつの間にか時間がたっていて良くない。

夜は所要があったのであまり時間が取れなかったが、10日ぶりくらいにFusion 360を開いて本をほんのちょっと進めた。寝る前にWatch OS 7.3 Public Beta 2(?)がふってきていたので早速入れた。最近のWatch OSはサイズが大きくなってきて、特にBeta版はSeries 3のApple Watchではインストールできないことも多かったのだけど、今回のは普通に入ったので良かった。

特に変化は感じられないけど、新しいものはいいものだということで。

今日のウェブログ

「目標」よりも「目的地」 - igaiga diary(2021-01-03)

「目標」は「局所的に切り出した」感が強く、ゴール付近にだけ焦点が当てられているが、実際は過程の方がずっと長いから、そこをどうするかが重要なはずだ。

私は「目標」という言葉にネガティブな気持ちはないが、ここで言われていることは確かにそうかもしれないと思う。また、「目的地」というとそこに到着することだけではなく、到着した後にどうしたいのかという点にも視点が向くように思う。これは「地」という言葉から自分が受ける印象の問題だろうか。ある土地に行くことはゴールではなく、そこからの生活の始まりのように感じる。

また、ある目標を達成したら次の目標に向かって進まなければならないように感じるが(それによって成長や進歩がもたらされるのだが)、目的地に到着して、そこがすごく居心地のいいところだったら、慌てて次の目的地に向かわなくても、一休みしてから出発してもいいとも思える。

実際にはどうなるかわからないだろうが、「目的地」という言葉のニュアンスは良いと思う。

【開発チーム・ハンドブック】(5)部下の評価など複数のパフォーマンス評価を書くためのガイド | Coral Capital

先週、ちょうど一部の方の評価が終わったのだけど、2021年はここに書かれていることを意識して、半年ごとの評価がよりよいものになるように行動したい。特に、ステップ4に書かれていることをうまく日々・月・四半期・半期のフィードバックに盛り込んでいきたい。

今日の読書

お疲れモードだったので夢をかなえるゾウを3章くらい読んで癒やされた。

今日の英語

NHKラジオ英会話のLesson 186。I thinkやI feelを使って、話し手の主観を加える婉曲表現。全然話せる気にはならないのだけど、とにかく毎日続けてみよう。

2021-01-17 「TENET」と「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観た

119. 年末年始に見た動画 Part 1 | Ossan.fmを聞いて、TENET見てないのを思い出したのでAmazon Prime Videoでレンタルしてみた。ラストの戦闘シーンがむずかったのでもう一回見ようかな。個人的には、カーチェイスのシーンがネタバレも含めてよかった。

また、夜は同じく紹介されていた「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を見た。邦画は、ほとんどみないのだけど、これはめっちゃよかった。

先週はちょっとお疲れだったこともあり、今日は家でゆっくりできたのでよかった。明日からもがんばるぞい。

今日のウェブログ JSer.info 10周年: JavaScript情報の集め方、書き方、まとめ方 - JSer.info あれだけのクオリティの記事を、コンスタントに続けているというのは本当にすごい。azuさんがGitHub Sponsors を初めてたの知らなかったのでスポンサーになった。本当にいつもありがとうございます。 今日の読書

おやすみ。

今日の英語

ラジオ英会話を3日分やって、来週から毎日できるように追いついた。Duolingoでは、しばらく中国語をやろうかと思う。日本語話者向け中国語だと、テキスト的なものがなくて雰囲気でやるしかなかったんだけど、英語話者向け中国語はTipsがちゃんとあることがわかった。