けんちゃんくんさんの Web日記

カラーミーリピートがリリースされました & railsdmで話します 🚀

ここしばらく、主にチームビルディングやふりかえりのファシリテータで関わっていた 定期販売をすぐに、かんたんにスタート!「カラーミーリピート」 がリリースされた 🚀

数ヶ月前から始まったこのプロジェクトについて、@kymmtと一緒に Rails Developers Meetup 2017 でしゃべりますよ。タイムテーブルの公開とリリースのタイミングが絶妙だったのでサービス名が出せなかったのですが、概要にある通りチームビルディング周りとRails + Vue.js での開発について発表します。渋谷で僕達と握手!

ちなみにTwitterアカウント( カラーミーリピート(@colormerepeat)さん | Twitter )のヘッダー画像には、なんとなんと我が家の猫が公式キャラクター(?)となっているのでみなさん見てください!

これは訓練ではない

セルリアンタワーの地下駐車場で火災が発生したのでみんなで避難した。

外に出てから同僚に、避難までの手際が良かったと言われたんだけど、こういうときに周りの様子を伺ってると一生後悔することになるかもしれないので(一生が終わるかもしれないしね…)、避難しろって放送が流れたら周りに声かけながら動くのが大事だと思う。

とはいえ、とりあえず動きはしたけど防災グッズも持ってなかったし、穴の空いたサンダルのままでたりしたので台無しなのであった。ばたり。

Togglを再開している

定期的に訪れる「自分が何をどれくらいやってるか記録したい期」に突入したので toggl を再開している。

今回はどれくらい続くだろうか…

今週の電子工作

しばらく空いてしまったけど、台風で息子も暇を持て余していたので再開。

Chapter4-3でやるLCDモジュール AQM1248Aのはんだ付けに大失敗したので、飛ばして先に進むことにした。(難すぎでしょ…)

4-4のACM1602NIのほうがハンダ付けはだいぶ簡単とのことなのでこっちをやってみた。とは言え、こっちは単価が結構なものなので失敗すると辛い。なので、練習用に基盤だけを買ってきて抵抗をはんだ付けする練習を何回かしてから挑戦したところ、まぁなんとか動くくらいにはつけることができた。

久々の進捗です。半田付け成功して一安心

Kenichi TAKAHASHIさん(@_kenchan)がシェアした投稿 -

4-7の赤外線センサ SE10もやってみたんだけど、猫が動いたり息子が動いたりするのでちゃんと反応してるのかはわからなかった…赤外線を遮断する赤外線センサモジュールがちゃんと意図通りに動いてるかってどうやって確認したらいいんや…

息子は白菜が好き

「お昼はうどんだよー」と言ってもあまり乗り気でなかった息子。いざ鍋ごと持っていってよそってあげると「白菜入ってるの!?」とかいうので何かと思ったら、どうやら白菜が好きらしい。

そういえば、去年も白菜と豚バラ挟んだ鍋したら喜んでいたことを思い出した。

これからの季節は楽になるな!

筋トレ再開

奥さんの入院など、いろいろあってしばらくお休みしていた筋トレを再開した。

はじめたのはお盆くらいで体重が未知の領域であるX0kgに突入しそうだったのに危機感を感じてはじめたのだけど、それなりにつづている。

30日間フィットネスチャレンジ - Google Play の Android アプリ というのを使っていて、たしかちょうど危機感を感じているときに @udzuraさん がやってるのを見たのがきっかけだったような気がする。

全身メニューの一番簡単なやつは完走して、今は腹筋の一番簡単なやつをやっている。

最初は30秒のプランクで死にそうになっていたのが、30日続けるだけで100秒くらいできるようになるの、成長を簡単に感じられてよい。

「マンションは10年で買い替えなさい」を読んだ

前回くらいの1in1で星さんからおすすめされた本を読んでいた。

自宅は資産で金利と税制に優遇されているが、一つしか持てない資産なのできちんと活用しましょうという内容。

前半はなぜこのような考え方が大事なのか、またどうしてそれにより格差が生まれるのかという仕組みの説明があり、中盤から後半にかけては具体的にどうすればよいかという話に繋がるため、とても納得感があった。

特に、ライフスタイルの変化によって住宅すごろくと呼ばれていたゲームのルールが変わったことと、税制面という2つの観点から、本書のタイトルである「10年で買い換える」ことが大事だというのはなるほどと思った。

また、具体的にいつどういう物件を買えばいいのかという点についても、「新築と中古価格の差を見るとよいという」と言われてみれば当然のアドバイスの理由として、売り主側の都合も上げていて学びがあった。

一方で、「高い物件ほど利回りが良い確率が高い」という事実は揺るぎない感じだとわかってしまったのは、個人的には悲しい部分でもあった。

最近は周りでもマンション購入クエストを進めてる人や完了した人が多いので、この辺どう考えて決めたのか聞いてみたくなった。

子供祭り的なものに参加とAndroid for WorkでのBYODについて

雨だったので屋内での開催となってしまい、あわよくばテスト駆動開発を読もうと思っていたが不可能だった。(流石に限られた飲食スペースで大人が一人で本を読み続けるのは気が引けた…)

というか、某サービスで障害が発生してそれどころではなかったという事情もあるのだが…

ペパボではG Suiteを活用しているということもあり、Android for Work 等で徐々にBYOD環境が整いつつある。出先で障害が起きたときにどういうことが出来るか、わかってきたことも多いのでフィードバックしようと思う。

壮行会で1回休み

行きつけの中華料理屋でコージーコーナーのケーキを食べた。

出会いがあれば別れもある。インターネットでまた会いましょう!

健康診断

今年は気付いたらコース変更の期限がきれてたので、何もついてないスタンダードなやつでおしまい。

今年は各検査が1レーンだったんだけど、採血にキューがたまりすぎると聴力と血圧担当の人が採血に回るというオートスケール(?)が実装されていた。

Yaku Han JPを入れてcommonmarkerを使うようにした

「Yaku Han JP」で“約物”を半角に | Swings

深津さんの記事(読みやすさのデザイン備忘録|深津 貴之 (fladdict)|note)を読んで、そういうものがあるのかと試しに入れてみた。私にとってはコードを書き換えてリロードしたら差がわかる位なんだけど、なんとなくシュッとした気がする!

このサイトのmarkdownのレンダリングはずっとgithub-markdownというgemを使っていたんだけど、この前みたらもうメンテしないよって書いてあったので gjtorikian/commonmarker に変更した。とくにgithub markdown依存の書き方はしてないと思うんだけど、なにか変なところがあったら教えてください。

奥さんが入院していた

11日(水)から15日(日)まで奥さんがカンピロバクター腸炎で入院していた。なかなか貴重な体験だったので記録を残しておく。

病状について

9日(月)からお腹の調子が悪く少し熱が出ていた。11日になっても良くなる気配がないのでお昼前に病院へ。体力がなくなっていたので空いてるベッドで横にならせてもらいながら問診、各種検査と点滴をしてもらうことに。

夕方に検査の結果が出て原因がわかる。ほとんど食事がとれないので入院することに。

Wikipediaによると潜伏期間が2~7日くらいで、発症から5日くらいで治るそうなので標準的な症状にみえる。

仕事について

たまたま12~13で合宿があったのでキャンセルの連絡をしてから、PCは持ち帰っていて裁量労働なので在宅で普通に仕事をしていた。合宿の予定だったこともあり、ミーティング等が一切はいっていなかったのでコードを書くにはちょうどよい2日間だった。

ただ、自宅には作業スペース(机と椅子)がないのと、キーボードやポインティングデバイスも会社にしかないので思ったほど捗らなかったのは残念。1~2日くらいだと気分転換にはちょうどいいけど、長期間や定期的にやるためには自宅の環境を揃えないとなかなか厳しい。(Kinesis安くならないかなぁ…)

その他

  • 初日は病院、自宅、息子の習い事先を行ったり来たりしてだいぶ疲れた。こういうときは車があると便利なんだろうな。
  • 在宅勤務できると、朝に掃除や洗濯ができるのでだいぶ助かった。
  • お見舞に行く時間もある程度柔軟に動けたので良かった。一人だけだったら夜に行ってもいいんだけど、子供がいるとそうもいかないので。
  • 入院の手続き含め不安になるところはなくてよかった。
  • 入院費用は高額療養費制度が適用されるほどの額ではないけど、保険を使うか健康祝金にするかとても迷うライン…もう一回くらい入院する予定(!?)があれば保険使うんだけど。
  • 入院するとギガがなくなる。ちょうどiijmioのキャンペーンがあったのでこれで買い足した。ローソン、ミニストップ限定!IIJmioクーポンカード20%増量キャンペーン|IIJmio

おわりに

たまたま家で仕事しても問題ない期間だったのでよかったというのもあるけど、大体インターネットがあれば解決できたのでよかった。インターネットバンザイ!

AndroidのFirefoxをリモートデバッグする

タイトルの環境に依存した問題が起きたので調査のために準備していた。

特に難しいことは何もなくて Android 版 Firefox のリモートデバッグ - 開発ツール | MDN を見ながらやればOK。

Chromeよりはだいぶ手間だけど、実機で表示してる画面を開発ツールでいじれるのは便利だし。要素を検証するときは実機の画面にレイヤーが描かれたりしてなかなか面白い。

問題が起きていたのは HTML フォームへの高度なスタイル設定 - ウェブ開発を学ぶ | MDN あたりに書かれている話で、このページにある「劣悪なウィジェット」という言葉と某プロジェクトのことを思い出したりした。懐かしい。

CLTランチ

先週のECマネージャ合宿の帰りに(酔った勢いで)、東京にいるCTL(相当)の人々とランチに行こうとDMを打ったのが始まりで、@june29, @hisaichi5518, @shiro16, @tnmtと私の5人でランチに行ってきた。

福岡から@pyama86が来たときにした5等級ナイト以来に集まったような。

各事業部でやってる事は結構と知らないことも多いし、自分は最近事業部外の人とあまりお話しできてなかったのでよい機会になったと思う。また適当なタイミングで行きましょう!

散髪ログ

前回は7/8!2ヶ月以上たってたのかぁ…確かにだいぶ伸びてしまっていた。息子と一緒にばっさりと。

秋葉原でお買い物

ラズパイ本の続きを進めるために買い出しへ。行く前にちょっとしたアクシデントがあったんだけど夕方無事到着。

Chapter4で使うものを中心に、5で使うものをちょっと揃えるつもりだったんだけど、7セグLED(NKR141S-B)だけが全然見つからなくて、はじめて店員さんを捕まえることに。

調べてもらったら、もう入荷する見込みもないとのこと!似たやつどれですかねーと聞いてみたものの、幾つか候補は上げられるけど最終的には自分でデータシートみて判断してくれということで一旦退却…会社のMake部に相談しよう!

というわけで戦利品はこんな感じ。なかなか良い値段がするものが多くて厳しい。来週土曜は運動会なので、日曜には進められるといいな。

本日の戦利品

Kenichi TAKAHASHIさん(@_kenchan)がシェアした投稿 -

「やさしくはじめるラズベリーパイ」3-6〜3-10

夕方から息子に見守られながら3章を終わらせた。

フルカラーLEDはわりとお気に入りだった模様。

圧電スピーカーで音を鳴らすところでは、音階がちょっとおかしく感じたけどそんなもんかなーという感じ。

4章の部品はまだ揃ってないので買い出しに行こう。

EC事業部マネージャ合宿で一回休み

都内の日帰り合宿で、5年後くらいまでの基本戦略を練るというテーマで1日缶詰になっていた。

技術方針みたいなものもディスカッションしたかったのだけど、自分の準備が足りなくてあまり進められなくて無念。がんばろ。

Google Analyticsのeコマース トラッキング

Analyticsはある程度馴染みがあるけど、eコマーストラッキングが何をできるのかはイマイチ理解できていなかったので色々調べたり検証したりしていた。

eコマース トラッキングとは

Google Analyticsの1機能で、ECサイトを運営している場合に商品の販売実績をGoogle Analytics上で記録できる機能。

どの商品がいくつ、いくらで売れたかはもちろん、総額だけでなく送料や税金もちゃんと分類して記録できる。

また、Analyticsのユーザトラッキング機能と組み合わせると、ある商品を購入した人がサイト内でどう回遊しかたもわかる優れもの。

検証していて気になったこと

膨大なデータを処理している都合上しかたないことだが、ある程度時間が立たないと計測結果が安定しない。特に、当日分のデータを表示しようとするとビューによってデータが出てきたり出てこなかったり、またリロードするとできてたり消えたりということがよく起きた。

当日分のデータをみて期待通り計測できてるかどうかを確認せずに、翌日結果をみるのがよさそう。(eコマーストラッキングに限らないけど)

Lチカというやつ

昨日買ってきたパーツでLチカをしてみた。

エルチカデビューした

Kenichi TAKAHASHIさん(@_kenchan)がシェアした投稿 -

書籍のコードは全部pythonなのでサクサクかけるし、しかもちゃんと動くのでよい。ただ、フォントのせいでカンマとピリオドがちょっと見にくいので、pythonの文法を知らないと迷っちゃうかもと思った。

print("i=", i)っていうコードが前半に出てくるんだけど、PHPだと文字列連携が.なので、うっかり.を打ってsyntax errorを起こして悩んだりする人がいるかもしれない。(私)

書籍ではGUI立ち上げてエディタが使われているけど、jupyter-notebook立ち上げてそこで書くと楽かもと思ったので来週試してみよう。

秋葉原へお買い物

誕生日にもらったラズパイで遊ぼうと、クジラ飛行机さんの「やさしくはじめるラズベリー・パイ」を進めるのに必要なパーツを買いに秋葉原へ。

電子工作なんて大学のころホントにちょっとだけやっただけなので右も左もほとんどわからない状態で秋月へ。

必要なパーツが一覧になっているページをカメラで撮って持っていったんだけど、結局4章の途中までに必要な分を全部揃えるだけで40分くらいかかってしまって、これは大変な世界だなと思った…

難易度が高かったのはサーボモータ(棚の上にあった…)と光センサー(抵抗のところにあると張り紙があった…)。

何事も経験だと思って1人で行ったけど、パーツを買って遊ぶのが目的だったら間違いなく知ってる人といったほうがいいですね。狭い店内で立ったりしゃがんだりが大変。

そんなこんなで買ったのはこれくらい。これで2000円くらい。

明日は息子と進めてみよう。

安産祈願壮行会で一回休み

今週で産休に入るメンバーの壮行会で一回休み。

会計時の金額が異常にやすかったけど大丈夫だったのかな…?

またお腹壊れそうと思ったけど筋肉痛だった

夕方くらいからなんかお腹張ってるな〜と思ってたんだけど、夜筋トレするときに筋肉痛だということに気付いた。

無駄に夕飯をお腹に優しいものにして損した気分。

venvで普段使いのpythonを3系にする(macOS)

homebrewでpython3をインストールすると、全てのコマンドのサフィックスに3をつけないといけなくて面倒(python3pip3など)。自分の用途では2系はほぼ使わないし、pythonって打って3系が起動してほしい!

今までは、pythonをつかう可能性のあるプロジェクト毎にvenvで3系の仮想環境を作ってactivateしていたんだけど、プロダクトの開発に使ってるわけではないのにライブラリが分散するのが嫌になってきたのでなんとかしたかった。

今回やってみたのはこんな感じ。

  • homebrewでpython3をインストールする
  • venvでホームディレクトリに仮想環境を作る
  • (ba|z)shrc 等でそれをactivateする

具体的にはこんな感じ。

(python3の仮想環境を作る)

$ mkdir ~/.venv
$ python3 -m venv ~/.venv/python3

(zshrcの様子)

if [[ -d ~/.venv/python3 ]] then
  source ~/.venv/python3/bin/activate
fi

こうするとターミナルをひらいたらすぐactivateされた状態になってくれる。

$ which python
/Users/kenchan/.venv/python3/bin/python

$ python --version
Python 3.6.2

$ pip --version
pip 9.0.1 from /Users/kenchan/.venv/python3/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

もっといい方法あれば教えてください!