2022-11-07

今朝は子の部活もなかったのでゆっくり起床。朝のルーチンをこなしてから渋谷へ。

ピクミンブルームの一周年イベントが始まったので、取り逃したバッジの花を咲かせながら移動。往復で3000以上いけるので忘れなければ期間中に取り直せそう。

会社では、職位が変わったあとに申請していた新しい社員証を受け取る。いろいろあって結構擦れていたので、新しくなってよかった。

夕方にはインフルエンザの予防接種を受けて、そのあとも少し仕事をして帰宅。注射で体調に影響が出たことはないのだけど、左手が少し痺れていたような気がする。

帰ってからは、情報整理のためのブックマークサービスをdiigoからraindrop.ioへの移行作業をしてた。PCで使ってる分には満足なのだが、モバイルアプリが何故かWebブラウザ+ブックマークという謎の作りで、移動中に思ったように使えないというのが一番の理由。diigoからはcsvでエクスポートすればタグやコメントもそのままraindropに持ってこれた。いざ持ってくるとタグがカオスでびっくりしてしまったが、一日一つくらいずつ整理しようかというところ。あとはpinboardにあるのも持ってこようかな。

基本的には全部パブリックにしてるので、もし自分がどういうのを見たりしてるか気になる人はkenchankunsanのブックマークを 見てね。RSSもあるっぽい。

2022-10-31

色々あった一日。柴田さんとの対談記事を公開してから、渋谷のなるとでの送別会へ。

記事の中でも書いたが、ここ数ヶ月は本当にいろいろなことがあり、たくさんの学びがあり、特に自分が見えていなかった世界について考えをめぐらせ、なんとか少しずつでも行動をと思って日々をすごしてきた。

技術責任者への就任が決まった直後に、CFOが私の自席まできて「前任者がいる役職というのは、周囲の期待など、大変に思うこともあるだろうががんばってくれ」と声をかけてくれた意味も少しずつわかってきたところ。(ここでの前任者は柴田さんではなくあんちぽさんのこと)

そう言われて気付いたのだが、私のペパボでのキャリアは前任者がいない役割や役職がほとんどで、自分の能力とやるべきことを自らで考えて、周囲の期待レベルを自らによって調整していくことが求められていたわけだが、前任者がいる役職とうのは暗黙的に周囲の期待のレベルが既に存在するということになる。一方で、その期待というのは成果の話であって、その成果をえるための手段は、その人が強みとするものや伸ばしたい能力によって変わってきて当然だろう。

そんなわけで、現時点で得意なことにも不得意なことにもいろいろなチャレンジをしている毎日なので、同僚の皆さんはこれからも一緒にがんばっていってくれると嬉しいです。

2022-10-10

スポーツの日で祝日の月曜日。お昼に子の部活のコンクール的なものがあったので、それに間に合うように月例の猫のトイレ掃除などをしてから千葉へ移動。今回は1時間くらい他校の演奏も聞く時間があったのでよかった。

お昼は千葉駅の TOKYO豚骨BASE MADE by 一風堂 でラーメンを。改札の中にいろいろと飲食店があるのは千葉駅のいいところ。

帰ってきてからは相変わらず体調がいまいちなのでごろごろしながら、Winnyの裁判が映画化されるニュースをみたので、積読になっていたWinny 天才プログラマー金子勇との7年半を読みはじめた。当時、リアルタイムに裁判の様子を見てはいたけど、それだけでは当然読みとれない当事者しかわからない話が満載でとても楽しく、そして少し辛い気持ちになりながら最後まで一気に読んだ。壇さんが金子さんにかけた言葉

私は、自分の人生のう5年を貴方のために使う。貴方は残りの人生を、これから日本で生まれてくる技術者のために使って欲しい

は、プログラマの1人として考えさせられるものがあった。

そんなこともあり、やっぱりプログラミングをしようと思い、夜はRustでAtcoderを1問だけ解いたりした。最初は愚直に書いていたのだが、proconio-rs/proconioのinput!マクロに書き直してみて、なんとなくこんなかんじかーというのを理解。とはいえ、そもろもRustも空ではほとんどかけないので、毎日ちょっとずつ書いていこう。