けんちゃんくんさんの Web日記

Lチカというやつ

昨日買ってきたパーツでLチカをしてみた。

エルチカデビューした

Kenichi TAKAHASHIさん(@_kenchan)がシェアした投稿 -

書籍のコードは全部pythonなのでサクサクかけるし、しかもちゃんと動くのでよい。ただ、フォントのせいでカンマとピリオドがちょっと見にくいので、pythonの文法を知らないと迷っちゃうかもと思った。

print("i=", i)っていうコードが前半に出てくるんだけど、PHPだと文字列連携が.なので、うっかり.を打ってsyntax errorを起こして悩んだりする人がいるかもしれない。(私)

書籍ではGUI立ち上げてエディタが使われているけど、jupyter-notebook立ち上げてそこで書くと楽かもと思ったので来週試してみよう。

秋葉原へお買い物

誕生日にもらったラズパイで遊ぼうと、クジラ飛行机さんの「やさしくはじめるラズベリー・パイ」を進めるのに必要なパーツを買いに秋葉原へ。

電子工作なんて大学のころホントにちょっとだけやっただけなので右も左もほとんどわからない状態で秋月へ。

必要なパーツが一覧になっているページをカメラで撮って持っていったんだけど、結局4章の途中までに必要な分を全部揃えるだけで40分くらいかかってしまって、これは大変な世界だなと思った…

難易度が高かったのはサーボモータ(棚の上にあった…)と光センサー(抵抗のところにあると張り紙があった…)。

何事も経験だと思って1人で行ったけど、パーツを買って遊ぶのが目的だったら間違いなく知ってる人といったほうがいいですね。狭い店内で立ったりしゃがんだりが大変。

そんなこんなで買ったのはこれくらい。これで2000円くらい。

明日は息子と進めてみよう。

安産祈願壮行会で一回休み

今週で産休に入るメンバーの壮行会で一回休み。

会計時の金額が異常にやすかったけど大丈夫だったのかな…?

またお腹壊れそうと思ったけど筋肉痛だった

夕方くらいからなんかお腹張ってるな〜と思ってたんだけど、夜筋トレするときに筋肉痛だということに気付いた。

無駄に夕飯をお腹に優しいものにして損した気分。

venvで普段使いのpythonを3系にする(macOS)

homebrewでpython3をインストールすると、全てのコマンドのサフィックスに3をつけないといけなくて面倒(python3pip3など)。自分の用途では2系はほぼ使わないし、pythonって打って3系が起動してほしい!

今までは、pythonをつかう可能性のあるプロジェクト毎にvenvで3系の仮想環境を作ってactivateしていたんだけど、プロダクトの開発に使ってるわけではないのにライブラリが分散するのが嫌になってきたのでなんとかしたかった。

今回やってみたのはこんな感じ。

  • homebrewでpython3をインストールする
  • venvでホームディレクトリに仮想環境を作る
  • (ba|z)shrc 等でそれをactivateする

具体的にはこんな感じ。

(python3の仮想環境を作る)

$ mkdir ~/.venv
$ python3 -m venv ~/.venv/python3

(zshrcの様子)

if [[ -d ~/.venv/python3 ]] then
  source ~/.venv/python3/bin/activate
fi

こうするとターミナルをひらいたらすぐactivateされた状態になってくれる。

$ which python
/Users/kenchan/.venv/python3/bin/python

$ python --version
Python 3.6.2

$ pip --version
pip 9.0.1 from /Users/kenchan/.venv/python3/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

もっといい方法あれば教えてください!

スマート体重計を買った

買ったのはこれ。

安いやつは単機能の方がマシ!という理論から、とにかく体重がアプリに来るだけのやつで安いやつを探してこれに行き着いた。

マイナスっぽい評価は1つだけ(購入時点)だったのでまぁいいかなと。多少の誤差はしょうがないとは思うけど、乗り直して重さが変わるようなことは無いので十分かな。

ただ、アプリの日本語がかなりアレな感じなのでそこだけがマイナスポイントかな…

ダウンしていた

木曜日の未明に急に目が冷めてトイレへ直行し、お腹が決壊していることがわかったの最初。午前中に町医者にいって整腸剤と胃薬をもらって、しばらく絶食しなさいということだったので薄めたポカリだけを飲む日々が始まった。

日曜になるとさすがにだいぶよくなって、固形物を食べても即排出みたいな感じではなくなっていた。

診察室に入って最初に言われた一言が「顔色悪いねー!」だったのはかなり面白かった。そういう驚きを与えられるような生き方をしたい。(?)

4年目の始まり

数日前にひさいちくんがツイートしてるのをみて、同日入社の自分もペパボ4年目に突入したことに気付いたのであった。

今日は、JRに9万課金することによって、もう半年頑張る気持ちを表明してきた。がんばるぞ〜

息子とプール

二週間ぶりくらいにプールへ。

息子の次のステップは息継ぎなんだけど、息継ぎってどうやって教えたらいいんや…自分がどうやってならったのかまるで覚えてないので教えられなくて途方にくれている。とりあえず今日は水中で吐いて顔上げて吸うのをやってみたけど、次はどうしたもんか…

その合間に自分も多少泳いでいるんだけど、ようやく100m泳ぎきれるくらいまで戻ってきた。いままで50mプール泳いだことなかったんだけど、思ってた以上にきつくてこんなに泳げなかったけ…となっている。とりあえず200mくらいを目標にやっていこう。

散髪ログ

前回は5/3 だったのでちょうど二ヶ月くらい。

今回は息子と一緒にふたりともばっさりとしてもらった。

環境変数を使ってOctokitをGitHub Enterpriseに繋ぐ

octokit/octokit.rb: Ruby toolkit for the GitHub API に書いてある通り、Octokitは環境変数から設定のデフォルト値を読み込むことができる。

これをいい感じに設定しておくと、GH:Eにつなぎたいときや、プレビュー版のAPIを使いたい時(EnterpriseのProjects関係のAPIはまだプレビュー版だったりする)にとても便利だった。

環境変数の設定にはenvchainを使った。 (OS X キーチェーンから環境変数をセットするツールを作りました - クックパッド開発者ブログ)

設定した環境変数は以下の4つ。

  • OCTOKIT_ACCESS_TOKEN
  • OCTOKIT_API_ENDPOINT
  • OCTOKIT_DEFAULT_MEDIA_TYPE
  • OCTOKIT_SILENT

DEFAULT_MEDIA_TYPEには前述のProjects APIを叩くためにapplication/vnd.github.inertia-preview+jsonを設定しておく。また、プレビューAPIを叩くと警告がでるのでOCTOKIT_SILENTにはtrueを設定する。

envchainにはgheという名前で登録している。登録するコマンドは以下の通り。

$ envchain -s ghe OCTOKIT_ACCESS_TOKEN OCTOKIT_API_ENDPOINT OCTOKIT_DEFAULT_MEDIA_TYPE OCTOKIT_SILENT

設定したら、irbを起動するときにenvchainを経由すればOK。GitHub Enterpriseに接続してデータが取得できる。

$ envchain ghe irb
irb(main):001:0> require 'octokit'
=> true
irb(main):002:0> Octokit.user
=> {:login=>"kenchan",
...
...

めでたしめでたし。

プールからのブックオフ

何冊か中古でほしい本があったので、息子のプールついでに大きめのブックオフへ。

お目当てのやつはそんなになかったんだけど、200円エリアで見つけた掘り出し物をいろいろと。「ワークショップ」を見つけたときは、まさかあるとは思っていなかったので声出そうになったw

全部でも2000円ちょっとだったのでも満足満足。

聖誕祭2017

今年もやってまいりました6/21!私と息子の誕生日です!!1

今年も 去年 と同様、一昨日にIT健保のアレでディズニーシーに行ったので、🍣と🍰でゆっくりと。

息子は自転車でもどうかと話をふってみたけど、キックボードがよいというのでAmazon様で。いつまで使うかもわからないけど、少し大きめのほうがよかろうということで評判を調べたりして以下のやつにした。妖怪ウォッチのやつがよかったらしいが、まぁまぁ満足していたようなので良かった。

また、今日は夕方EC事業部のミーティングがあり、そこで星さんからまさかの誕生日プレゼントをいただきまして、やっていく気持ちが高まったのでした。

ちなみに、誕生日プレゼントはまだまだ受け付けておりますので、35歳と8歳をお祝いしたい人は是非 http://amzn.to/kenchan-wl からよろしくお願いします!!1

2017/05に読んだ本

東京基盤チーム&CTLやっていき会

半身揚げで有名な小樽の「なると」がなんと都内に店をだしたということで基盤チームとCTLsでやっていき会を行った。

半身揚げ美味しかったんだけど、1人1つでほぼ満腹になってしまい、これお店的には大丈夫なのかと心配になったり。後半はCTOのラップバトルが始まり、最後にお店の人に写真をとってもらっておしまい。

なるとキッチン|小樽名物若鶏半身揚げ専門店

2017年5月28日

息子と近くのプールへ。

最近(?)は学校では泳ぎ方はほとんど教えないらしいということを聞いて、とりあえず定期的に練習でもするかということで行ってきた。

小学二年生がどれくらい泳げるものなのか全く覚えてないけど、とりあえず蹴伸びやらバタ足やらの練習をした。大人用のプールでも一番浅いところなら足がつくようになったのでだいぶ楽。

こっちの運動不足も深刻なので、息子の休憩中に300mほど泳いでおしまい。

Nexus5Xが文鎮化した

ついにこの時が来てしまった。周囲では既にかなりの人が文鎮化していたので、いつかくるかとは思っていたのだけど…

我が家にNexus 5Xが来たのは2015/10/21のようなので、どうやら2年もたなかったようだ。(参考: Hello Nexus 5X | けんちゃんくんさんの Web日記 )

だめになったのは5/24で、午後のミーティングに向かう途中で電源が入らなくなっていることに気付いた。よくあるGoogleのロゴがループしてしまうやつ。リカバリーモードにも基本入れないんだけど、ごくたまに運がいいとループを抜けるが、起動前にどこかでスリープしてしまう。

こんなのを試してみたけどとくに変化は無し。運良くリカバリーモードに入れたときに、キャッシュパーティションの初期化や、出荷状態へのリセットとかやってみたけどだめ。

同時期に知人が同じ症状になって、Googleのサポートセンターに問い合わせたら交換になったというのをみて、電話してみるも…

流石に諦めて、IIJmioでMoto G5 Plusをポチって到着を待っている。

@teeeeeeooさんから、オシャレ端末 NuAns NEO [Reloaded] を教えてもらったんだけど、主に価格的な面で今回は見送り。(情報ありがとうございました!)

そんなこんなで、Nexus5がバキバキになったときと同じく、Galaxy Nexusで連絡だけは取れるようにしているんだけど、これマジでしんどいからはやく到着してほしい…

2017年5月15日

CTL座談会

CTL(チーフテクニカルリード)座談会 - 圧倒的成長を加速させるペパボの新体制 - 僕達、ペパボのCTLです | スタッフインタビュー | 採用情報 | GMOペパボ株式会社

5人の服装がバラバラで、果たしてこのインタビューはいつ収録されたのか、読者を混乱させるようなコンテンツが公開された。

ふざけたTシャツには目をつぶると、各々が仕事の内容や今後の展望について真面目に語っているよいコンテンツではないかと思う。

沢山のよいコンテンツ

今日は豊作だったのではないか。

自分でもよく考えてみます。

「ルナルナお薬手帳」を使い始めた

昨日の夜から鼻が詰まり始めて、今日の朝にはかなりひどい具合になってしまったので夕方耳鼻科に行ってきた。

大体いつもの処置をしてもらい、アレルギー性鼻炎の薬の処方箋をもらって薬局へ。いつもどおりお薬手帳忘れましたという話をして、しばらく待って薬をもらって帰ったわけだけど、薬の説明の紙にQRコードが印刷されてるじゃないですか!

早速お薬手帳アプリを入れてみようと探してみると、結構不安なものが沢山並んでいる…まともそうなのを幾つか見てみると、連携している薬局とアプリに登録している情報を共有するような仕組みもあるらしい。悲しいことに津田沼にはそういった薬局がなさそうだったので、UIと信頼性からルナルナのやつを使ってみることにした。

薬局に連携する仕組みがうまくいくとかなり体験が変わりそうなんだけど、実際どうなのかなぁ。

ルナルナお薬手帳:無料の電子お薬手帳アプリ - Google Play の Android アプリ

ポケモンムーンをクリアした(殿堂入りまで)

息子が詰まったときのために、追い越さないように少しずつやっていたポケモンだったが、無事クリア(殿堂入り)まで完走した。去年のクリスマスプレゼントだったので、5ヶ月もかかっていたことになる…プレイ時間は50時間くらい。

息子は2週間くらい前には終わっていて、詰まってて手伝ったのは1,2回だったような気がする。小学1年生でもなんとかクリアできるというのは良く出来るなぁと思った。何やら友達から強いポケモンを借りたりしたようだが、少し前のポケモンのCMにあったように、そういうコミュニケーションができるのも良いところだと思う。

で、満を持してネットを解禁したわけだけど、これは完全な沼だということがよくわかった…最終的にはじゃんけんになるけどどこまでやるか…

「RubyでつくるRuby」を読んだ

RubyでつくるRuby ゼロから学びなおすプログラミング言語入門(紙書籍) – 技術書出版と販売のラムダノート を読み終えた。

導入では変数や分岐のような基本的なRubyの構文を紹介していて、一見ふつうのプログラミングの入門書のように見えるが、その次に「"木"とは?」というあたりから雲行きが(よい意味で)怪しくなる。

そこからは、この書籍(特集)のために作られた構文解析のgemを使いながら、インタプリタを実際に作っていくことになる。タイトルを見たときの印象は、字句解析や構文解析が相当大変そうというものだった。なので、こんな和やかな雰囲気の本で大丈夫なのかと心配していたが、その部分はありものを使うということでホッとした。

書籍の通りに進めていくと、最後には(使う構文を限定すれば)FizzBuzzが動くくらいのインタプリタが出来上がる。自分の書いたRubyのコードが自分の書いたインタプリタ上で動くというのは、自分にとってははじめての経験でちょっと(?)感動してしまった。

あとこれは余談だが、ラムダノートさんはShopifyを使っていてとてもよく出来ている…こういう体験を自社サービスで提供したいという気持ちが強くなった。

イオン幕張へ

息子の調子も良くなってきたので幕張のイオンまでお出かけ。

大体いつもの休日くらいの混雑具合。屋内のイベントスペースではジャンピングMAXとか言う20~段の跳び箱やら、野外の方ではビジュアル系のライブで大変なことになっていたり、GWっぽい感じだった。

お昼食べながら、目の前に公園があることを知った息子がめずらしく行きたがったので放流したりしてた。

散髪ログ

前回は2/12だったので丸2ヶ月くらい。

改装も無事終わっていてだいぶおしゃれな感じになっていた。個人的には前の街の美容院っぽい感じが好きだったけど…

あと、シャワーが移動式になっていて、椅子の後ろの床に埋め込まれてる謎の装置と合体すると水(お湯)が出るという仕組みになっていてすごかった。

病院

息子のアレルギー性鼻炎がひどく、かつ微熱がでてきたので連休前の病院へ。

私がこっちに来てからよく行っている総合病院にはじめて連れて行って、耳鼻科に通してもらったところ、2時間半待ちの処置10分で終了。

朝早かったのと、息子も具合が悪かったので二人座って寝てしまっていた…

薬をたんまりもらって、夜には鼻炎も収まってきたっぽいので一安心。