2020-12-31: 2020年買って良かったもの、良くなかったもの3選

2020年も終わりなので、今年買ってよかったもの、良くなかったものを3つずつ上げて終わろうと思う。それではどうぞ。

良かったもの第3位「バックパックタイプのペットキャリー」

第3位はこちらの商品。

今年は猫が糖尿病になったこともあり、動物病院に行くことが多かったのでとても役にたった。特に、私のように歩きで移動する人は肩掛けや手持ちのタイプだとつらいのでおすすめ。ただ、構造上若干重心が後ろになってしまうので最初は気になるかも。

良かったもの第2位「AfterShokz Aeropex」

在宅で仕事することが圧倒的に多くなった2020年、ミーティングなどのときは開放型ヘッドセットゼンハイザー PC 360 SEを使っていたのだけど、いくら開放型とはいえ半日つけているとしんどくなるので購入した初めての骨伝導イヤホン。装着感も悪くないし、軽いし、耳を覆わないというのは思ったよりも楽でよかった。ただ、Linuxではまだヘッドセットとして認識されないので、単なるヘッドホンとして利用している。マイクは別途購入したものを使っている。これが沼の入り口…

なお、人の声を聞くにはいいけど、音楽を聞くという用途だとしんどいと思う。最近は音楽聞く機会が減ってPodcastやYouTubeを流し聞きすることのほうが多くなったので、そういった生活の変化にもマッチしてよかった。特にリングフィットしながらPodcast聞けるようになったのは大きい。

良かったもの第1位「エアリオン・スリム デオドライザー」

2018年に家を買ったときには、在宅で仕事をするつもりはなかったので作業スペースを考えていなかった。流石にリビングでやるのはしんどいので、仕事中は猫のための部屋(キャットタワーやケージ、トイレがある部屋)に居候をさせてもらっている。そうなると、当然のことだがトイレの匂いはなかなか辛くて、消臭ビーズや置型ファブリーズをたくさん設置してしのいでいた。

匂いを何とかする製品は大別すると「消臭する」と「別の匂いで上書きする」という2つのタイプがある。できれば別の匂いで上書きするのではなく、無香でもっと強力なものがないかと探してたどり着いたのがこの商品。調べてみるとかなり歴史のある商品だとわかったし、ダメでもこれくらの金額ならと買ってみたのだけど、めちゃくちゃ効いて正直驚いている。

これを設置する前はトイレを洗浄してから3週間目くらいが一番しんどく、うっすらとアンモニア的な匂いが気になって集中できないときもあったのだけど、そういうことがほとんどなくなったと思う。今年最も生産性に寄与した商品かもしれない。

良くなかったもの第3位「Apple EarPods」

良くなかったものはアサマシリンクは置かないようにしよう。第3位はAirPodsじゃなくてEarPods。Aeropexを買う前に3.5ミリジャックのEarPodsを買ってみたが、まったく耳に合わなくてだめだった。昔から、耳の形の問題で普通の(カナル型ではない)イヤホンで耳にあうものがなかったのだけど、EarPodsも同様にだめだった。残念。

良くなかったもの第2位「ポータブル ブックスタンド「スマートミー(SmartMe)」

ポータブルな書見台。場所を取らないのがいいと思って買ったけど、300pくらいある本はそもそも置けなかったり、置けても安定しない。学校の教科書のようなものにはちょうどよさそうだが、技術書には向いてなさそう。

良くなかったもの第1位「Google Nest Wifi」

Google Nest WifiをやめてASUS RT-AX3000 にした にも書いたとおりだが、期待していただけにがっかり感が強かった。アンテナが伸びてるルーターは本当に嫌いなので、落ち着いたデザインの良いルーターが発売されることを祈っています。

おわりに

今年は新型コロナの影響で生活が大きく変わったので、その変化にうまく対応できるようにいろいろな買い物をしたように思う。一方で、変化に対応する、在宅勤務に合わせるといった守りの買い物が多かったようにも思うので、来年は生活を意識的に変えるような攻めの買い物(?)もできるといいなと思った。

2020-12-28: 仕事納め

今日で仕事納め。ペパボは、午後から年末総会でその後社員旅行というのが毎年恒例のイベントだったが、今年はもちろん社員旅行はないし、年末総会はZoomでの開催となった。

今年は四半期報告会などもZoomでやっていたので、新しいやり方ならではの楽しみ方ができて気に入っていたのだけど、年末総会はさらにレベルアップしていてすごかった。

これだけ見るとふざけた感じだけど、業績発表もとてもよく作られていたし、「もっと面白くできる」を体現したイベントでとてもよかった。新しい形での開催に向けて動いていたバックオフィスの皆さん本当にお疲れさまでした&ありがとうございました。

さて、12月のお仕事はちょっと溢れてしまって、終わらせようと思ったものはいくつか終わらなかったのが無念。一方で、チームメンバーに助けられたところは今まで以上に多く、みなさん本当にありがとうございました。来年は、チームという枠でも新しいチャレンジもしてみたいので、引き続きよろしくおねがいします。

Kinesis Advantageのキースイッチを交換して静音化した話

今年は、2020-05-23にはじめての自作キーボードとしてChoco60を作ったのだけど、腰を据えて作業するときは今まで通りKinesis Advantageを使うことが多かった。ただ、自作キーボードを作る過程でスイッチの軸の違いを知り、特に静音スイッチがとても良かったので、茶軸のKinesisの音が気になるようになってしまっていた。また、音声やビデオチャットでは、なるべくタイプ音が入らないようにとヘッドセットを使っていたけど、それでもかなりタイプ音が入ってしまっていることもわかり、いい加減なにか対策をしなければと思っていた。

インターネットを調べてみると、Kinesisをカスタマイズしている事例は結構あって、一番最近衝撃だったのはoobaさんによる分割&ワイヤレス化だった。また、別の記事ではパーツ部分だけ買うこともできるという話があり、いわゆるお椀部分だったら壊れてもなんとかなるだろうという謎の安心感を得てしまったので、思い切ってキースイッチの入れ替えにチャレンジした。

参考情報

今回の作業で参考にした記事を紹介しておく。自分がオリジナルでやったことはほとんどなく、これらのサイトの情報を理解して進めただけである。先人たちに感謝するしかない。

作業ログ

予め購入しておいたGateron Silent Black Inkをルブして、ダイオードをスイッチの中に仕込む。他の方の記事では、スイッチの中にダイオードを仕込んでいないが、どうせスイッチを開けるのでやってみようと思ってやった。結果としてはやってよかったと思う。Kinesisは、ご存知の通り基盤を湾曲させて半田付けしなければならないので、どうしても端っこのスイッチをつけるのに苦労する。ダイオードの足をおることで、スイッチと基盤を固定することができるので、はんだ付けの作業が少し楽になったと思う。

この投稿をInstagramで見る

Kenichi TAKAHASHI(@_kenchan)がシェアした投稿

足が生えたみなさん。前日準備はここまで。

この投稿をInstagramで見る

Kenichi TAKAHASHI(@_kenchan)がシェアした投稿

朝から半田をひたすら吸い取ったが、途方も無い作業だと感じて絶望しているところ。わかっていたことだけど、スイッチはホットボンドでくっついているので、これを剥がすのが本当に大変。半田が取りきれてないのか、ホットボンドが取れてないのかわかりにくくて……

半田を吸い取るときは、温度を高めにしないとだめだった。270度では溶けないことが多かったので、320度で一気に溶かして吸い取っていた。そもそも半田の吸い取り自体初めてだったので、事前にYoutubeの動画をいくつか見てやり方を学んだ。

この投稿をInstagramで見る

Kenichi TAKAHASHI(@_kenchan)がシェアした投稿

とりあえず半分終わったので、差を確かめようと組み立てたところ。

この投稿をInstagramで見る

Kenichi TAKAHASHI(@_kenchan)がシェアした投稿

実際に打ってみるとかなり違ってて満足する様子。

端っこはこんな感じではんだ付けする。マステとダイオードの足のおかげでかなり順調。

組み立ててみたら、キーが1つ効かなくなってしまった。スイッチを剥がすときに嫌な予感がするキーが1つあったのだけど、見事にランドを破壊してしまったようだ。が、自キーの知識と配線図のおかげでリカバリーに成功。これが思ったとおりにうまくいったときは成長を感じた。

すべてキーをはめた完成系は、今までと何ら変わらないので省略。

ほぼ丸一日かかってしまったのだけど、無事完成してよかった。

使った機材や道具

2020-12-08: 奥さんの誕生日

奥さんの誕生日だったので有給をとってお出かけする、つもりが、昼間は家にいて晩ごはんだけ出かけてきた。状況的には都内にでるのは不安なのだが、食事はちゃんと対策されてるであろうところに行けば大丈夫だろうと思い、困ったときのTHE SKYにした。

席を立つときはマスク必須(忘れて食事を取りに行ってる人が注意されていたので、ちゃんと運用されててすごい)で、おいてある料理は少なめ、トングは都度消毒、取りにくいものは専属のスタッフ付きという感じで、ちゃんと対策されているのはよいのだけど、それなりにコストもかかっているから大変だなぁと思った。

また、仕事では部署の全員参加の共有会とかぶってしまっていたので、自分の発表パートは事前に動画をとって共有しておいた。ちょっとした小ネタを仕込んでおいたのだけど、楽しんでいただけたようで何より。

明日からはまたお仕事がんばりましょう。

2020-12-06: 散髪ログ

前回は2020-10-25だったので1ヶ月半くらい。思ったより立ってなかったけど、今週は奥さんの誕生日もあるので切ってきた。

普段、髪を切られてる間はほとんど喋らないのだけど、おつかれシャワーの美容院回を楽しく見たあとだったので少しだけ世間話をした。会話のきっかけは昨今の新型コロナについてだったのだけど、一般的な話は聞き&し飽きてるだろうなーというこちらの余計な配慮により、昨今の小学校の話や、サンタクロースをいつまで信じていたかという話をしていた。どうやら、サンタクロースの真実を知るタイミングは、親のミスが多いようで、隠してあるプレゼントを見つけてしまったり、見覚えのあるラッピングだったりするところから、見ず知らずの人ではなく近親者が関わっていそうというのに気づいていくらしい。最近だと、Amazonの袋だったというのがきっかけになることも多いとのことで、小さなお子さんのいるご家庭は、少し面倒でもラッピングを自分でするのがよいかもしれない(?)。