デブサミ参加記録

(これは3/1に書きました)

去年はなんとなく参加しなかったデブサミですが、今年は少しだけ参加しました。

  • 1日目: 平鍋さん
  • 2日目: 角谷さん、松田さん

私にとって、デブサミと平鍋さんの組み合わせは特別なものなので、今年はどうしても行きたかったのです。

あれは2005年、学生として潜り込んだデブサミで平鍋さんの見える化の話を聞いたのが、私と永和の出会いだったのです。 その7年後の2012年に、平鍋さんから聞くアジャイルの10年という話は、あの頃の衝撃を思いださせてくれる、平鍋さんにしかできない話で感動しました。

角谷さんの話は、だいたい会社で話してることや、耳に入ってくる話が中心ではあるんですが「自然なソフトウェアの作り方」と「オープンソースソフトウェア」という話は、なるほどなーと思いました。オープンソースソフトウェアはすごい。

最後の松田さんは、もうあれは聞かなかった人は、スライドだけでも見るべきですね。必修科目です。GitHubとはなんなのか、何故GitHubなのか、彼等は何をなしとげたのか、すごく綺麗にまとまっていました。 これを聞いてから、GitHubの事を他の人に話そうとしても、松田さんの言ってたことをそのまま言うしかなくなってしまって少し困っています。

1年振りに参加したデブサミはとても満足できたのですが、一方で技術的なセッションがソーシャル系というかビッグデータ系ばかりなのは、ちょっと寂しいというか、もう少し何か話題がないのかな〜と思いました。

(本当は、1日目の和智さんも聞きにいく予定だったのですが仕事で間に合わず。後日Twitterを眺めて雰囲気を楽しみました。)

1日遅いバレンタインデー

生クリームを買ってこいとの指令があったので買って帰ったら作ってくれました。 ありがとう!おいしゅうございました。

FF11のバージョンアップ

新ナイズルのみで、しかもその仕組みもドロップもごにょごにょらしいのでちょっと様子見。 30分しばりのせいで野良でも行きにくいし、身内でたまに行くしかやりようがないですな。

とはいえ、VWも

  • コルスカンティ
  • トキ
  • ルベウス頭、アトス頭(コンプしたいけど別にどうでもいい)

くらいしか欲しいのがないし困ったなぁ。

HTML5 Advent Calendar 2011の電子書籍

GIHYO DEGITAL PUBLISHINGでHTML5 Advent Calendar 2011の電子書籍が出ていたので読んでみました。

https://gihyo.jp/dp/sp/advent2011/G11C23

内容では、マイナーAPIの紹介がどれもおもしろかったです。

まとめページや個別の記事をブクマするのもいいですけど、電子書籍として持つのも悪くないんじゃないですかね。 何回もクリックしなくても全部をざっと読めますし、技評さんとアドベンドカレンダーを書いてくださったみなさんに感謝。

えのき氷

先週くらいから妻が「えのき氷」を作りはじめているのでした。

週に2回くらいえのきを3パックほど購入しているのですが、作ってるときの匂いがあまり好きになれずに、こちらはあまり食べていないのでした。(勝手に入れられているようだけど…)

効果のほどは数ヶ月後に。