YAPC::Asia 2015 に船で行く

大切なこと : 8/22(土)は水上バスが運休です!もうYAPCには水上バスでは行けません!

今朝、YAPCどうやって行こうか考えてたときに、「浜松町から船でいけるよ」というタレコミがあったのでこれは最後のYAPCに相応しいと思い、水上バスで優雅に会場入りしました。

だれか一緒に行かないかなーと思ったけど、社内の人だれものってきてくれなかったのでボッチで行きました。1人でも最高のユーザ体験でした。

水上バス乗り場までは浜松町から徒歩10分弱、水上バスはお台場を経由するので30分くらいでした。他にはほとんどだれも乗ってなくて410円でプチセレブ感をあじわえるし、これ平日にお台場いくときはみんな使うといいのではないでしょうか。

これからは水上バスの時代!!!

大切なことなのでもう一回書いておきますが、8/22(土)は水上バスが運休です!もうYAPCには水上バスでは行けません!

2015/07に読み終えた本

今月は3冊、スクラムゆっくり読み過ぎた感。鈴木さんも面白くてかなり考えながら読んだということはあるけど、ほんとに本読むペースが遅すぎる…

shucreamの本棚 - 2015年07月 (3作品)
多重人格探偵サイコ (22) (カドカワコミックス・エース)
田島昭宇
読了日:07月07日
評価3

スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術
ジェフ・サザーランド
読了日:07月11日
評価5

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)
川上量生
読了日:07月31日
評価4

powered by booklog

「エンジニア実績システム」が導入された

「エンジニア実績システム」を導入した - delirious thoughts にあるように、ペパボにも「エンジニア実績システム」が導入されました。

一通りの情報を入力し、自分のアウトプットのポートフォリオして見てみると

  • 総数や順位的なものは職位としてはギリギリ合格点かな…
  • それなりにレアな実績を持っていた
  • 発表やブログなどの実績はそれなりにあるが、プロダクトの開発やサービスの運営といったところがまるでだめ

ということがわかり、売れないIT芸人であることが可視化されてつらい気持ちになりました…がんばろ。

また、他の人の実績や全体を見ると

  • 意外な人がもってたレアな実績が可視化された
  • 組織的な隙間が明確になったので差別化のヒントになる

という点がよかったですね。

よくない点は…なんですかね。いろいろな可能性を考えればよくない結果を生むこともあると思いますが、今のところそういう未来は考えられないので、全体的に見てもよかったんじゃないかな、と思っています。

渋谷で飲み会

いい話がいっぱいできた。もっと目線をアゲアゲでいかないと!

キーワード

  • 外回り営業
  • ラッパーとプログラマ
  • vimrc

POとPOじゃない人の勉強会 第10回

POとPOじゃない人の勉強会、ついに記念すべき第10回!発表者の一巡したので私から。

範囲は24章から26章で、資料は社内の事情を盛り込まなかったので一般公開。(盛り込む時間がなかったとも言う)

緩やか変更や迅速な対応という部分では、自社サービスを沢山抱えている企業としてはあるある過ぎて「そうだよね」と同意するばかりでした。

ただ、迅速な対応の部分では「リリース後すぐにチームを解散させないメリットを上司や経営層に説明するのは数字からも簡単だ」というような一文があるんですが、本書の中ではそれ以上具体的な数字や材料がなくて、どういう風に計測したり、持っていけばいいのかな、というのが疑問に残りました。特に、リリース直後はみんなばたばたして重要な数字を記録していなかったりするので、プロダクトマネージャはそういうことをちゃんとやれよ、ということなのかな、とも思ったのでした。

アジャイル開発手法の話は、著者が過去に嫌なことがあったんだろうな、と思わせるような本書の中でもかなり長い章ですね。

言わんとしていることはまったくもってよくわかるので、あまり深入りせずに今のアジャイル開発の話をして、そのあとは社内でのスクラムの取り組みについてディスカッションしておしまいでした。来週も楽しみだー。

AEP読書会 19章

AEP読書会、私の中ではビルの外のあるセブンイレブンから大量の発泡酒(だいたい2,3人で500mlを40本と軽食)を輸送するイベントとなっています。ちなみに、前回からは「すぐに返しにくるから」とカゴのまま持っていくという技を編み出したことにより、指にかかる負担がかなり軽減されました。

  • 完成と完了って使いわけてる? > スクラムガイドで訳語が「完成の定義」になったので、そっちを使ってる。プロダクトり完成と、作業の完了という意味合いで、前者を強調したかったのでは?
  • 「ほぼほぼ発覚」 > わかってるけど認めたくない。盲牌の状態。
  • 進捗率80%コレクターがいる。進んでいるとは言いたいけど、終わったことにしたくないのでは。
  • エピックとストーリーは粒度が違うだけ?エピックを砕くと情報が欠落するかもしれない。それを補完するのがテーマでは?
  • パーキングロットとパーキングロットチャートは違うよ
  • 「見える」と「見えてる」の差について。行動を誘発できるかどうかが違うような。

今回も盛り上っていい会でした。

ランドセルを見にいってきました

来年から小学生の父親になるという事実を受け入れるためにランドセルを見にいってきました。

オーダーメイドランドセルの神田屋鞄製作所 のショールームが近くにあって、早期割引がもうすぐ終了するという情報を奥さんが仕入れてきたので、せっかくだからということで決めてしまったのでした。

オーダーメイドの詳細についてはサイトにある通りなのですが、こういうのを見るとシステムの大変さと、顧客の欲かったものは本当にこれなんだろうかという疑問が湧いてきてしまいますよね。(すごく不満があるというわけではないです!!1)

そんなこんなで、来月くらいに見本がきて、それでOKなら年末に届くようです。息子もなんとか満足できるような選択になったようなのでよかったよかった。

POとPOじゃない人の勉強会 第09回

今回は21章から23章まで。

「ユーザービリティテストとは技術であり科学である」というのがすごくよくて、つまり学習によって習得でき、再現性があるってことなんですよ!!1とまとめの人があつく語っていたのがハイライト。

あとは、改善ってのは機能を増やすことじゃないんだよ、と、毎回恒例の耳が痛くなるところも沢山あって、今回も勉強になりました。

最近は、この本を読んで実際に業務に応用してみたっていう報告がちょいちょいあって、開催して本当によかったなーと思ってます。とはいえ、じゃあサービスの売上や利益に貢献できてるかっていったら、そこまではもうちょい距離があるので、まだまだみんなで勉強していくぞ。(直接的な効果だけが大事ではないけど、やっぱりあったら嬉しいじゃないですか)

2015/06に読み終えた本

なんかよくわからない本も含まれていますが、調理場という戦場はKindleのセール情報で見て買ってみたんですが、こういう全然違う業界の本はたまに読むとおもしろいですよね。

shucreamの本棚 - 2015年06月 (4作品)
調理場という戦場 「コート・ドール」斉須政雄の仕事論
斉須政雄
読了日:06月02日
評価4

エクストリームプログラミング
ケント・ベック
読了日:06月29日
評価5

pixivエンジニアが教えるプログラミング入門 (星海社新書)
金子達哉
読了日:06月29日
評価4

【大判オールカラー】日本のプリンセス 佳子さま20年のあゆみ (別冊宝島 2350)
読了日:06月30日
評価4

powered by booklog

基盤チーム呑み

下期もがんばろうの会で一回休み。

2015年上期評価面談

ペパボでは、半期毎に技術基盤チームが中心となった評価面談があるのですが(ペパボの2014年上半期エンジニア評価について - delirious thoughts)、私は技術基盤チームに所属していることもあり、CTOであるあんちぽさんと上半期の評価についてお話しました。

今期もいろいろ手広くやらせてもらっていたのですが、少し前に社内向けに行われたキャリア・アンカーのアンケート結果を踏まえて(エドガー・H・シャイン『キャリア・アンカー』 - delirious thoughts)、今後の方向性についていろいろお話できてよかったです。

下半期もがんばるぞい。

POとPOじゃない人の勉強会 第08回

今回は18章から20章まで。

最近ユーザテストをやったサービスがいくつかったりしたので、その話題でもりあがりました。

  • 最近はユーザテストやインタビューをやろうという土壌が整ってきた感じがする
  • モダンなプロセスや方法論、テクニックには「正しいものはわからない」という前提があるように思う
  • 情熱と理論のバランスの取れたプロダクトマネージャになるためには

今回も資料と詳細は社内限定で。

インターネットのみなさんから頂いたプレゼント

Wishlistに入れた覚えのないものがいくつかありますが、みなさんありがとうございました!

今回知見として、ギフト包装をしなくても購入者の情報が送られてくるということがわかりましたので、今後の参考にさせていただこうと思います。

エクストリームプログラミング

エクストリームプログラミングという本に出会ったのは、大学の図書館だった気がします。当時はソフトウェア開発の方法論のようなものにとても興味があったので、アジャイル界隈の書籍をかたっぱしから読んだりしていました。

その中の1冊だったはずなんですが、あまり印象は強くなかったような。どちらかと言えば、アジャイルソフトウェア開発の奥義リファクタリングテスト駆動開発入門 など、より実践的なテクニックの載っている本の方に興味をもっていたように思います。価値や原則をすっとばして、プラクティスばかり追っていたとも言えるのではないでしょうか。

そしてその後、今は秋葉原にあるアジャイルとRubyの会社に就職して、そこでXP厨の人達(すごいボンクラ達)と出会って、自分もボンクラの仲間入りができつつあるかなと思っていたところで新版の出版です。とても楽しみにしていた本書なわけです。

26日のトークセッションはとてもすばらしくて(体調不良をおして参加したかいがあった)、この本はただ読むだけでは真意を理解できなくて、ケントベックの人生や、それを読みといて伝える人たちの話を聞き、対話することで理解できる、そしてその場がトークセッションだったんだなーと感じました。

XPは何を伝えたかったんだと思う? from Masanori Kado

たぶん、この本は読んだからといってサービスの売上は倍にならないし、明日からすぐに試せるすごいテクニックが身に付くわけでもないけれども、ソフトウェアを開発することを生業としている人はぜひ読んでおいてほしいなと思います。

POとPOじゃない人の勉強会 第07回

今回は15章から17章まで。

  • リファレンスカスタマーの「リファレンス」ってどういう意味が込められているんだろう
  • アンケートやペルソナ作りの実体験
  • ペルソナ作りから競合を定義する

といったあたりの話がもりあがったポイントだったような気がします。

相変わらず資料と詳細な議事録は社内限定で。

幼稚園での誕生会

幼稚園で誕生会があるとのことなので、午前休をいただいて見にいってきました。

元気にやってるようでなにより。

新卒研修のキャリア・キーノートで昔話をしました

ペパボ新卒研修については ペパボ新卒エンジニア研修2015が始まっています | blog: takahiro okumura に詳しく書いてありますが、その中の人のキャリア・キーノートという取り組みで、大学時代からの昔話をしてみました。

資料は公開しにくい情報をいくつか載せてしまったので、今回のスライドは非公開です。

たぶん社会人になってからは誰にも言ったことないような情報もいくつかあったので、聞いた人はラッキー(?)という感じで。

クラスメソッドさんとスクラム情報交換会

で一回休み。

完全にアルコール消毒を失敗した感。

聖誕祭(順延)

今年もやってまいりました私と息子の聖誕祭でしたが、私は先週から喉をやられてしまい、息子は前日に39度の発熱という状況で、イベントは来週に順延となりました。

とはいえ、何もしないもなんなので、夕方に買い物に出てケーキを買ってみんなで食べておしまい。

去年の誕生日に奥さんからもらったバッグが数ヶ月前に壊れてしまったので、しばらくはYAPCでもらったトート(?)で生活していたのですが、さすがに厳しい感じになってきたので、変わりのバッグをアマゾンさんにお願いしていたのが届きました。前回はファスナーが壊れてしまったので、ためしにファスナーが少ないやつにしてみました。

そんなこんなで、もう33歳になったようです…定年まであと2年かーという気分ですね。あと、そろそろアラサーと言えない年になってまいりました。

というわけで、いつものやつはここにおいておきますね! https://amzn.to/kenchan-wl

あとあと、もちろん何か送っていただくのもすごくすごく嬉しいのですが、私達と一緒にペパボをバーンとしていく仲間になってもらえるのが一番嬉しいので↓もぜひぜひよろしくおねがいします!

技術基盤整備エンジニア(正社員/東京) | エンジニア | 職種詳細 | GMOペパボ株式会社

風邪をひいて1回休み

昨日あたりから体調が悪かったんだけど、今朝はまったく起きられなかったので1回休み。

少しよくなってきたので明日からまたがんばろ。

PhantomJS 2.0.0 はファイルアップロードがうまくいかないことがある

YAPCに応募したトークの通り、今私はcapybara(& poltergeist)でE2Eテストを書いてるわけですが、 attach_file を利用したファイルアップロードがうまくいかないなーと悩んでいたらドンピシャなissue Webpage.uploadFile not working in phantomjs 2.0 · Issue #12506 · ariya/phantomjs があったので諦めてバージョンを下げたものを使うようにしました。

homebrewでインストールしている場合は以下の方法でバージョンを下げられます。

$ brew tap install homebrew/versions # ここにphantomjs198がある
$ brew install phantomjs198
$ brew link phantomjs198

このバージョンだと、今度はJavaScriptの警告が出るようになってしまったのですが、テスト自体はうまくいっているのでこちらで進もうと思います。

POとPOじゃない人の勉強会 第06回

プロダクトオーナーシップ勉強会という名前がよくないな、と思ったので、今回から「POとPOじゃない人の勉強会」というタイトルにしたのでした。

意味わかんないかもしれないけど、そういう勉強会なんですよ。

本書は結構古い本なので、コレは最近でいうアレだよね、とかそういう話をしながら1時間みっちり。

今回は議事録に参加者の声を載せてみたので(下にも転載しておきます)、次回からは参加者倍増するはず!!1この勉強会は他人事ではない!!1

参加者の声

  • この後勉強会があることだけが心の安らぎかもしれない、、、(A事業部Tさん)
  • 心の拠り所になっている (B事業部Tさん)
  • 今日も学びが多かった!! (A事業部Wさん)

YAPC 2015 のトークに応募しました

ペパボに来てからもう少しで1年だけど、なんかバーン感ないし、うーん…と思っていたのですが、自分のバックグランドと得意なところがマッチしたお仕事をはじめたので、まだ結果は出てないですが、その結果報告ができればなーと思って応募しました。

10年動き続けているブログサービスのエンドツーエンドを書いた記録 - YAPC::Asia Tokyo 2015

発表が通るか、仕事はうまくいくのか、両方たのしみですね。

みんなのバースデイ

GMOグループでは「みんなのバースデイ」という誕生月の人を祝うイベントが月1で行われており、誕生月の人はゲームで勝つ(?)と豪華賞品が貰えるという話を聞いて参加してきました。

結果は聞くまでもないかんじでしたが、普段は話せない役員の方々とお話ができたりと、いい取り組みだなーと思いました。

また来年も参加しよう。

プロダクトオーナーシップ勉強会 05

第5回。9章から11章まで。

参加している方々から、実際にこういうことをやってみたとか、そういう話が聞こえるようになってきた!!1

毎回耳が痛い感じなんですが、それ相応の成果は出てきてるんじゃないかと思えてきました。