RunningLeanを買いました

twilogによると去年の11月21日に角さんのRunningLeanワークショップを社内で開催してもらったのですが、本を買うのを忘れていたのでした。

ビジネスモデルキャンバスさえろくに知らない自分にとっては、非常に楽しめるワークショップでした。(私のチームは若干テーマ選択をあやまった感がありましたが) 終了後のアンケートにも書きましたが、半日コースだけじゃなくて一日コースがあるともっと楽しめるんじゃないかなぁと思いました。

次回のワークショップの予定はまだないようですが、まだ受けてない人はここに登録しておくといいのではないでしょうか。 Running Lean Workshop

(そして今日もロトの紋章15巻を手に入れることができずに帰路につくのであった…)

2013年仕事始め

今年の一字は「守」にしました。

昨年末から、お仕事ではいままで余り経験のないことをやらせてもらっているんですが、そういう時こそ先人の知恵をもっとしっかり守ってやらないといけないと感じています。

来年は「破」にできるように今年はしっかり地に足をつけてやっていこうと思います。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は8月を最後にWeb日記力が底辺まで落ちてしまいましたので、今年は少しずつ回復させていきたいと思っております。

皆様今年も宜くお願い致します。

「AWS クラウドデザインパターン」を読みました

AWSとか今まで無縁だったのですが、そうも言ってられなくなってきたところで丁度よさそうな本が出たの読んでみました。

「AWSとかよくわからん」という人にもオススメ

クラウドデザインパターンという名前は付いていますが、クラウド環境でなくても普通に使えるインフラのパターンも沢山載っています。(もちろんクラウドだからこそのパターンもあります)

その上で、それをAWS上で実現するならどういうサービスを使って、どのように構成すればいいかというのが書かれており

  • クラウドかどうかに関係ないインフラを設計する上でのパターン
  • それをAWSで実現する方法

を一気に学ぶことができます。

AWSの強力さも実感できる

特にELB、ElasticIP、CloudWatch、CloudFormationあたりの組み合わせは圧巻です。

これと同じことを自前でやれと言われたら頭が痛くなってしまいますね…

また、2章ではEC2が1つのWordPressにパターンを適用していってかっこいいインフラにする過程が紹介されていて、AWSの利点を非常にイメージしやすいと感じました。

とりあえず教養として読んでおくといい

「AWSバリバリ使ってるぜー」という人はともかく、そうじゃない人は一般教養として読んでおくといいんじゃないでしょうか。

札幌Ruby会議のスポンサーセッションで発表します

札幌Ruby会議のスポンサーセッションで「ふつうのソーシャルコーディング」というタイトルで発表させていただきます。

サイトからの引用になりますが概要は以下の通りです。

日本Ruby会議2010のHead First ふつうのシステム開発から2年が経ち、私たちの開発を支える環境も変化してきました。
GitHubのOrganizationアカウントを導入してソーシャルコーディングを実践し、CIサーバとしてTravis CIを利用するようになりました。また、アプリケーションの運用環境としてHerokuの採用も積極的に行っています。 一方で、Pivotal TrackerやIRCなど、2年前と変わらず利用し続けているものもあります。
これらのサービス、ツールを組み合わせた、永和システムマネジメントの受託開発プロジェクトにおける「ふつうのシステム開発」の姿を紹介します。

今回はライブコーディングはやらない予定ですが、その分、私達が普段の開発で大切にしているものが皆さんに伝わるように頑張りますので、札幌でお会いしましょう!

https://sapporo.rubykaigi.org/2012/ja/schedule/details/P01.html