Rails勉強会@東京に参加しました

子供を連れてきてうるさくしていたのが私です…本当にすみませんでした…

もうちょっと持つかなぁと思ったのですが、子供1人は無理ですね。次回はみんな子供を連れてくればいいのでは?(ごめんなさい)

参加したセッションは、「Rails Engine」と「テストについて」の2つでした。

Rails Engine

Rails Engineについて一家言あるような人はいなかったので、RAILSCAST #277 Mountable Enginesを淡々を写経しながら議論していました。

Q. EngineにするのとRailtieを継承したクラスを作ることの違いは?

EngineはRailtieを継承している。そして、EngineになるとRackのミドルウェアになる。 なので、Generatorを拡張するようなものはEngineにせずにRailtieを継承して作るのもあり。

Q. assetsの下が他のEngineのassetsに影響したりしないの?

明示的に読みこまない限りない。たとえば、RailsAdminはbootstrapを使っているけど、それがRailsアプリケーションに影響を与えたら大変なことになる (今はアプリケーション自体もEngineとして動作している)

Q. exception_handler.rb のファイルパスが間違ってますよね?

ascii castの日本語版だと間違ってるみたいです。あと、ファイルの中の改行もそのままだとsyntax errorなので一行に書きましょう。 (原文では正しくなってます)

おまけ

Engineをrails newしたあと、.gitignoreにGemfile.lockが足されていたほうがいいような気がするんですがどうなんでしょ。

テストについて

だいたいmoroへの質問コーナーになってしまっていて、もうちょっとやりようがあるんじゃないかなぁと思ったのでした。

まとめ

実は初参加だったのですが、勉強会らしい勉強会に久し振りに参加したような気がします。 進行役 & 会場係の@takkanmありがとうございました。

WEB+DB PRESS Vol.68が届きました

いつもありがとうございます!今号は連載終了と連載開始がたくさんあって、年度の変わりを感じました。

Rubyわくわくナビはかなり好きだったのに終わってしまうのですね。お二人の次回作に期待しております!

WEB+DB PRESS Vol.68
WEB+DB PRESS Vol.68

Jenkins Plugin(JRuby)の勉強会をしました

昨年から細々と続けている社内勉強会の60分一本勝負で、(デブサミで川口さんとnahiさんからいろいろ聞いてきた)hsbtにJenkinsプラグインをJRubyで書く方法について教えてもらいました。

私はそもそもJavaが入ってなかったので次のような感じでいろいろ入れるところからスタート。

最後に入れているjpiがJRubyでJenkins Pluginを作るためのgemだそうな。

手順としては、

  • jpi new hogehgoeで雛形を生成
  • jpi generate hogehoge fugafugaとしてできたファイルを編集
  • jpi buildでパッケージング
  • jpi serverで作ったプラグインが入ったJenkinsが起動

という感じで、generate hogehogeがけっこう肝な感じでした。

Generatorは、いまのところ次の6つがあるんですが、後半はhsbtもよくわからないとのこと。

  • publisher (設定画面で「ビルド後の処理」に入るもの)
  • builder (設定画面で「ビルド」に入るもの)
  • wrapper (設定画面で「ビルド環境」に入るもの)
  • node_property
  • run_listener
  • computer_listener

まずは、上の3つをいろいろ使ってみたり、いまのところJRubyで書かれた唯一のプラグインであるrvm-pluginを見ながらエスパーしたり、「Rubyで書けるならこう書きたい!」みたいなのを考えてみようかという話をしていました。

あとは、Gentooでjpi serverが動かない問題を調査して、pull requestはhsbt(と奥さんの英語力)に託したりと、なかなか有意義な勉強会でした。

通販生活

イヤホンが断線してしまったので、5000円以下では鉄板と言われているEP-630を買ってみました。 本当はBluetoothにしようかと思ったんですが、

  • DR-BT63EXは、実体としてはBT-30に1500円のイヤホンが付いているだけ
  • MW600はインタフェースがもにょもにょ
  • AT-PHA05BTはちょっとお高い

ということがわかったので、状況がかわるまで我慢しようかなぁと思った次第。

EP-630で最初に聞いたときはまぁこんなもんか思ったのですが、2日くらいで慣れてきたのでした。 たしかに鉄板と言われるだけのことはありますね。

あとは、発売日に入手し逃したwacの「音楽」が入荷したようなのでぽちったりしました。

Creative インナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK
Creative インナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK

agigを使いはじめました

hsbtがagigというのを作ったそうなので、さくらのVPSで動かしていたgigをagigにしました。

ついでにdaemontoolsで動かすようにしたのですが、Gentoo & rbenv という環境でちょっとはまったので起動スクリプトをGistにおいておきます。