賞与的なもの

の支給日だった。

今年は、13年連れ添った洗濯機を買い替えようという話をしてるので、その資金になる予定。

そろそろ上京したときから使い続けてる家具とか家電とかが寿命になってきているので、他にも買い替えたほうがよさそうなやつは買いかえちゃおうかな。

奥さんになんか欲しいものあるか聞いたら「ケーキ」と言われたので、タイムセール的なスイーツセットを買って帰ったのだった。

来期もがんばりましょう。

Plan 8 と 外付けドライブを買った

月曜か火曜くらいにPlan 8は届いんたんだけど、我が家のPCの光学ドライブが全滅してしまっていて取り込めずにいたのでした。

しょうがないのでAmazonで一番上に出てきたBUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ ブラック DVSM-PC58U2V-BKを買って、取り込みは無事に完了。

最近のは小さくて場所もとらないし、USBケーブル一本で電力が足りないときは視覚的にわかるようになっていたりと、だいぶ便利になっているんですね。

WEB+DB PRESS vol.75

特集1のペパボのいい話はとてもとても勉強になった。特に「技術的負債がサービスの負債になる」というのはとても説得力のある言葉で、身の引き締まる思い。

あと、特集3の「SPDY & HTTP/2.0」と、連載の「理論で学ぶSQL再入門」がお仕事でタイムリーな話題なのでちょうどよかった。

「SPDY & HTTP/2.0」の方は実戦投入はまだまだ先だろうけど、SQLの方は、履歴データがそもそもリレーショナルデータベースでは扱いにくいものだという前提に理由を理解した上で立てたのが収穫。

どこかにいい答えがあるんじゃないかなぁという漠然とした希望を捨てて、ちゃんと現実を見ようという気になったのでした。

4774157198.01.MZZZZZZZ.jpg

誕生日プレゼント着弾のお知らせ

みなさんありがとうございました!(この写真以外にも、パイン飴1kgをどなたかからいただきました)

この大量の豆乳が無くなるまでに、上手に豆腐が作れるようにがんばります:-)

60min.第11回「Vagrantハンズオン」 & 第12回「Client-side MVC特論」

先月5/23に「Vagrantハンズオン」、そして6/27に「Client-side MVC特論」と二ヶ月連続で60min.を開催した。

第11回 Vagrantハンズオン

入門Chef Soloを読んで高まった意識をみんなに振り撒こうと、40分くらい駆け足でVagrantとChefでVMをセットアップしてみて、残りの時間を座談会という感じにしてみた。 自分の問題意識を共有できたし、参加者からは「思ったより簡単だったから自分でも触ってみようと思う」という声も聞けたのでけっこうよかったんじゃないかな。

第12回 Client-side MVC特論

EmberやBackboneを使っているプロジェクトも増えてきたので、急にそういうプロジェクトに参加することになって混乱することがないように、Client-side MVCの基本的な考え方や、なぜ必要とされているのか、みたいなのを、ursmの資料をベースに話してもらった。

Introduction to Ember.js

  • WebのMVCとの違い
  • なぜClient-side MVCが必要なのか
  • Emberはどう実装しているのか

初めてさわる人が混乱しがちな、言葉の定義みたいなの(Emberでいうコントローラとは、など)を整理して話してもらえたので大変勉強になった。

そろそろ、誰か若い人からやりたいテーマが上がってくると嬉しいなぁ。(チラッ