2021-01-05: シャウトアウト

いまだに指が2020と打ってしまうし、日記のタイトルの日付も2日と3日が間違っていることに気づいて慌てて直すなどした。

今年は、日記をつけるというのと、社の日報を書くという2つの記録にチャレンジしたいと思っている。去年から週に1回くらいはなんとか書いてたものの、とにかく「書く」という習慣を作りたいと思ってフォーマットを変えた。

フォーマットは、@kakutaniがFjorb Boot Camp as a Gate - Speaker Deckで紹介しているものをそのままいただいている。

自分は「シャウトアウト」という語彙を知らなかったのだけど、とてもいいことだと思ったので、社内の日報でみんなに書いてほしくて「今日の気持ち」に今の気持ちを書いていた。

---ここから---

日報に「シャウトアウト」という項目をつけている。これはhsbtがよく言っている「エンジニア、働いてたら1日1つは新しいことを学ぶし、アウトプットできることはある」の感謝版だ。 私達はチームで仕事をしているし、会社には300人以上の仲間がいる。1日仕事をして、今日は誰とも関わらなかったし、感謝する相手がいないなんてことはないはずだ。

ただ、「今日は何もなかったなー」と思うことが自分も結構ある。そんなときに、日報のフォーマットを見ると、今日は誰か感謝する相手がいなかったか?と改めて考えるきっかけになる。そうすると、良かったことや嬉しかったこと、感謝する相手を探すモードになる。そしてそこで頭に浮かんできたことは、自分にとってポジティブなことに違いない。

そう、日報の最後にシャウトアウトを持ってきているのは、今日の仕事をポジティブに終わらせるためなんだ。どんなにしんどい日でも、退勤直前に嫌なことがあっても、最後は良かったことを思い出して終わりたい。そう思ってみんなへの感謝を今日も書いている。

---ここまで---

と、上記をsubmitしてから、OKRの文脈でよく出てくる「ウィンセッション」にもつながる話だなと思った。ウィンセッションについては1次ソースを私が見つけられないのでリンクや詳細は省略するが、自分たちのやった成果を発表してみんなで喜び合うものがウィンセッションなのに対し、ある人の成果を他の人が発表してみんなで喜び合うことができるのが日報のシャウトアウトなのではないだろうか。

だとしたら、よくある自己アピールが苦手、成果を正しくアピールできない、結果として評価されないという問題や、その人自信の考え方を、毎日シャウトアウトを多くの人が書くことで少しずつ改善・変化していくのではないかと思った。

2021-01-04: 仕事始め

きれいに三日坊主になってしまったので思い出しながら書いてる(書いているのは2021-01-11)。

今年は正月休みが短かったけど、どこにも行かずに関東で過ごした上に特に遠出もしなかったので、体力的には余裕があってよかった。もし帰省してたらもたなかったかもしれない。何気に、毎年の社員旅行から規制、正月、関東へ戻るというの、結構ハードスケジュールなんだよね。

さて、毎年初日はGMOインターネットグループ全体のミーティングというか新年会があり、そこで熊谷代表から今年の方針の発表などがある。年初に限らず熊谷代表の話はいつも面白く、新しい発見があるので楽しみにしている。今年はDXについての話があったのだけど、CTO協会でもDX Criteriaとは - DX Criteria v201912- 「2つのDX」とデジタル経営のガイドラインで述べているように、2つの意味があるのに加え、またそのどちらについても、どこまでをスコープにしているかという点で共通の認識を持つのが難しい言葉だと思っている。そんな話の最初に、きちんと「これから話すDXはこういうことです」という定義を述べ、そこから話をしてくれたのでとてもよく理解でき、改めて今年もよい話をしてくれてありがとうございますという気持ちになった。

また、後半はホールで飲み食いしながら各拠点からの中継を見るというのが毎年恒例だったが、今年は当然リモートでの開催ということもあり、各拠点からの中継も一つのプログラムとなっていた。毎年、飲み食いしながらなのでいまいち頭に入ってこなかった中継をしっかり見る機会になったので、これはこれでとてもよかった。

夜は社の人たちがzoomで集まっていたようなんだけど、所用があったので参加できなかったのが残念。そういえば、去年も結局チームや部署の新年会はできなかったので、今年はリモートでやりたいなぁ。

2021-01-03: WEB+DB PRESS vol.120を読んだ

20周年記念号ということで、せっかくなので紙の本を買って読み終えた。

特集2のVue.js 3入門はToDoリストの作成から、周辺ツールの紹介まで一通り揃っていて、Vueのコードを読むくらいのことをしている私のような人にはちょうどよかった。欲を言えば、Vue.js 3の新機能であるComposition APIのボリュームがもう少しあると嬉しかった。

「これからのWeb開発」では、サーバサイドやフロントエンド、インフラなどの各テーマについて、それぞれの識者がこれまでの歴史をおさえながらこれからどうなるかという話を書いてくれている。自分にとって特に良かったのは「Web」と「インフラ」。

「Web」ではHTMLとCSSによる構造とスタイルの分離から、昨今のリッチになっていくUIとアクセシビリティへの意識の変化、そしてそれらを包括するデザインシステムの役割や必要性がきれいに整理されていた。「インフラ」では、システムあるべき状態を宣言することで、システム自信がその形を維持するために動いていく(Reconciliation loop)という考え方を知ることができたのでよかった。技術的には、オートヒーリングと言われているものではあるのだけど、「宣言する->観測する->正しい状態に変化する->...」というループが回っていると考え、それを開発プロセスに組み込んでいくのは今年やっていきたいことの一つだと改めて再確認した。

2021-01-02

正月二日目、息子の買い物に付き合ったり、昨年の積み残しだった猫のトイレ掃除や洗面台の掃除などをしていた。

息子はお年玉でポケカを買っていたのだけど、どうやら目当てのものが出たらしくめっちゃテンションがあがっていた。よかったよかった。

夜は、AtCoder Beginner Contest 187があるというのを直前に知ったので参加。D問題はDPしなくていいだろうと適当に説いてみたらWAしてしまい、DPかなぁと考えているうちに時間切れ。2021年初回からレートを溶かしてしまった。ばたり。結局回答を見たらDPじゃなかったので無念。

2021-01-01

2021年、今年もよろしくおねがいします。

新型コロナの影響と、喪中ということもあり、実家にも帰らず関東で普通の休日くらいのテンションで暮らしている。特にこれといった食べ物も用意せず、実家から送ってもらった餅を食べたり、外に散歩にでたり。

今年は、仕事での日報とこの日記を毎日書くというのを目標にまずはやっていこうと思う。と言いつつ、いきなりこれを公開するのが4日になっているのだけど、公開設定にするのを忘れていたということで大目に見ていただけると……