2021-01-13

今日はほぼ丸一日チームミーティングで、今年のやっていきなどを作っていた。サービス・チーム・個人について、いま時点の課題・やりたいこと・半年後にありたい姿などを予め考えてもらって、それらのすり合わせから目標を作れたのでまぁまぁよくできたのではないだろうか。

社内の競プロチャンネルで、昨日の日記について言及してもらえて嬉しかった。競プロチャンネルの仲間やAC褒め太郎がいなかったら絶対に続かなかったと思うので、みんなにはとても感謝しています。ありがとうございました。

今日から、試しに「今日の〇〇」コーナーを作ってみよう。29boxインスパイア。

今日のウェブログ

今日の読書

DMM.comを支えるデータ駆動戦略をChapter2まで読んだ。本当は1ポモドーロでPart1(Chapter1~3)を読むぞと臨んだんだけど、思った以上に面白くて読むペースがゆっくりになってしまった。

今日の英語

積み状態だった一億人の英文法を1ポモドーロやった。まだ導入部分。

2021-01-12: AtCoder ProblemsのTrainingにある難易度Mediumを100問解いた

AtCoderの便利サイトであるAtCoder ProblemsにあるtrainingのMedium 100問を解き終えた。2020-09-28の日記でEasy 100問を解き終えた話を書いていたので、3ヶ月でMedium100問を埋めたことになるだろうか。実際には、該当の問題が出題されたコンテンストに参加していたりして、30問くらいはすでに回答済みだったと思う。

印象に残っている(解くのに苦労したり、未だに理解できてない問題)を上げておく。これらの問題がすっと解けるようになりたいなぁ。

  • C - HSI
    • 期待値の問題。数学(算数)的には自明なものらしいが、似たような問題が出たときにしゅっと答えられなさそう
  • A - XOR Circle
    • 問題文を読んで考え方は分かったが、それをコードにするときに具体的にどういうケースを考えればよいかわからなかったやつ。
  • A - Colorful Subsequence
    • 一工夫必要な数え上げの問題が苦手っぽい。全然わからなかったので回答を見ながら解いた。がんばろう…

学習のペースとしてはかなりゆっくりだけど、仕事とは違うコードを毎日書くという習慣づくりにはとても役立ったので、自分としてはがんばった方だと思う。

Hardは難易度もかなりHardなので、今まで通り1日1問すすめるようなのは難しいかもしれない。そもそもアルゴリズムの勉強もしたほうがいいとは思うので、けんちょん本と合わせて少しずつやっていこう。

2021-01-11: 「自分でやったほうが早い病」を読んだ

同僚から紹介された「自分でやったほうが早い病」を読んだ。よく言われることだし、新しい視点が得られるというほどではなかったが、いくつか良い言い回しがあったので、最後まで楽しく読めた。以下引用を含む読書メモ。

  • 「自分でやったほうが早い」と考えてそのように行動してしまう人は2つのタイプに分けられる。
    • 周りよりも自分がデキてしまうから
    • 相手に悪いし、お願いが下手だから
  • どちらも見に覚えがあるが、特に下のようなケースが多いように思う。ただ、両方とも周りが成長することで自分も成長できるという視点が欠けている。
    • 情けは人の為ならず
  • "方向性はあなたが決めて、残りの「誰でもできるような作業」をまわりの人にふっていませんか?これは隠れた「自分でやったほうが早い病」です。周りの人に任せているようで、実は自分の成功のために利用しているだけなのです。"
    • 度々こういった強い言い回しがでてくるのがちょっとぎょっとするが、前半は良い文章だと感じた。誰でも出来る仕事を、そのままやることだけを依頼することは任せているとは言えない。じゃあどうしたらいいかというと、目的や完了条件を伝えて、参考までにこれまでのやり方を伝え、実際のやり方を含めて任せるといいのかな。
  • "「周りに遠慮してしまって、無理なお願いができない」という人もいますが、「遠慮」というきれいな言葉でごまかしているだけで、本当はお互いの信頼関係が築けていないだけだったりします。"
    • これは見に覚えがありすぎて辛かった。ごまかしなんだよね。
  • "「任せる」とは「失敗させる権利を与えること」"
    • 「失敗させる権利」というのは良い言葉だ。

途中で、筆者の仕事観・人生観のようなものを含む話があるのだが、その中での一文にすごく心を動かされた。

悩んでいた大山さんに、禅寺の導師(お坊さん)が「人には四つの幸せがある」ことを教えてくれたそうです。それは、①「人に愛されること」、②「人にほめられること」、③「人の役に立つこと」、④「人から必要とされること」の四つです。その導師は、②と③と④は、仕事を通じて得られることであって、逆に仕事でないと手に入れにくいものであると言いました。

自分自身は仕事をしているし、たしかにそのことによって2~4はある程度手に入れられている実感がある。一方で、家族に目を向けると、奥さんは仕事をしていない。プライベートの付き合いである程度は満たされる部分もあるだろうが、仕事と同じレベルでは感じられていないのかもしれないなぁと思ったので、これからは頑張って(照れくさいが)感謝を伝えていこう。

2021-01-10: 猫の通院

午前中は2021年一回目の動物病院へ。経過は良くも悪くもなく(悪くなってないということはよいことなのだ)という状況なのでまた二週間後。

午後からは昨日から引き続き所要があったので家で用事を済ませつつ、夜は所要で疲れたこともありぐったりしていた。三連休なので都合が良かったから所要をこの2日にいれたのだけど、大成功だったと思う。3連休じゃなかったら死んでしまっていた。ばたり。

2021-01-09: 家具の組み立て

今の部屋に住み始めて2年、リビングにはテレビ台以外の収納がなかったのだが、流石にそろそろ必要だろうということで無印良品のスタッキングシェルフセットを買った。

サイトの「構造」の部分にも書かれている通り、普通の棚とは違って棚板をパイプで支えるような構造になっているので、棚板に負荷がかかってもたわみにくい、横に配置しても変な向きに力がかかって崩壊しにくいというのがポイントらしい。組み立ては、ドライバーもいらず、長い板を持てれば一人でも余裕で組み立てられるレベルでよかった。このあたり、日本メーカーの組み立てビリティの高さは本当にすごいと思う。

さてもう一つ、デスクトップPC置き場兼サイドデスクとしてキャスター付きのPCワゴンを買った。

これまでは、天板がないキャスターだけの台車に乗せていたのだが、机の上を片付けるたかったのと、マイクアームをつけるための平面が欲しくなったので購入。Amazonの年初のセールで今の価格から-2,000円くらいで買ったのだけど、なんとネジ穴がずれている不良品だったので返品。さらに返金対応のみということだったので、しょうがなく別のところで同じ商品を購入したのだった。家具の類、部品の数だけを確認してすぐに組み立て始めちゃうのだけど、まずは全部の部品を注意深く見て不良品がないか確かめる慎重さが必要だということを失敗する度に思うのであった。(最後に締めようとしたネジ穴がずれていたのでつらかった)

そんなこんなで、昨夜から今日の午前中には色々組み立てていたので披露困憊。さらに午後は所要があったので、夜は完全に電池切れであった。ばたり。