習志野自衛隊夏まつり

夕方に着くくらいにでかけたので、アスレチック的なやつは受付が終わってしまっていた。残念。

いろいろ食べて、くじ引きして、ぐるっと1週まわっておしまい。暑かったには暑かったけど、熱中症を気をつけるほどではなかったのでちょうどよかった。帰りは丁度よくバスがきたのでそのまま津田沼へ。

また来年も行きましょう。

パスワード管理を1Passwordに

今まではずっとGoogle先生に命を預けていたのだけど、iOSだとこれでは無理ゲーなので1Passwordに移行した。

chrome extenstionを入れて、Chromeのパスワード管理画面からURLをぽちぽちおしてログインし直すだけでおわるので心を無にしてやっていた。

さすがにもう使わないというのがいくつかあったのでアカウントの整理にもなったし、パスワードの使い回しもいくつか見つかったので直したり。

社でも1Password Teamを使いはじめていたので、これで全部1Passwordになっていいかんじ。しばらくはchromeとキーチェーンへの記録をオフにして生活してみよう。

Apple Watch 1日目

GMOインターネットグループでは、直近2ヶ月の間に誕生日を迎えた人のバースデーパーティが行われるんだけど、その中の抽選でApple Watch Nike+が当たったのが先月末の出来事。生粋のAndroidユーザだったのでどうしようか迷っていたんだけど、折角の機会なので @hsbt から iPhone SE を買い取って使いはじめた。

iPad 2以来のiOSデバイスだし、最後に腕時計をしたのはたぶん高校生のころなので、何から何まで新鮮でいい感じ。‎Sleep++ を入れて一晩付けたまま寝てみたり、「立て」と命じられるままに立ってみたり。

iPhone SEだと物理Suicaが読み込めないといのは知らなかったので「おっ」と思ったけど、そもそもVIEWカードのSuica定期券は取り込めないようなのと、ちょうど明日定期が切れるのでOK。

自分、割ることには定評があると自覚しているので、さっそく適当なカバーだけ買ってとりつけたところ。(日中はカバーを付けていなかったのだけど、なんどかぶつけてしまってドキドキした)

腕に通知が来るのはなかなかよい体験で、通知を整理したら今よりずっと集中して作業できるような気がしているのでやっていくぞ~

「ヤフーの1on1」を読んだ

最近1on1を数人とやっているのだけど、うまくできている感じがないので読んでみた。

読んでみて、よいと思ったところ、自分がやろうと思ったこと、足りない・できてないと感じたところをメモしておく。

  • 1on1の一つの目的は「経験学習を促進する」ことであり、内省と概念化をすることを助ける。
  • 最初の質問を決めておくことで内省を前持って始めることを促せる。
  • 自分が相手の状況を理解するための質問を控える。あくまでも相手が「内省」を通して成長することが目的だと忘れない。
  • 抽象的なところやあいまいなところを明確にするための質問によって、具体的な言葉を引き出す。
  • 沈黙を恐れない。
  • 「私」を主語にして話してもらうように促す。こちらからの質問でも主語を省略しない。
  • 相手の「感情」を無条件に認める。感情はその人のもの。
  • コーチング、ティーチング、フィードバックはそれぞれ必要なスキルもそれによって目指す相手の状態も違う。
  • 1on1の技術を磨くためのトレーニングをやる!
  • 1on1自体のフィードバックをもらう!
  • モチベーションの源泉となるWILL(やりたいこと・ありたい姿)を引き出す。

実は、先週 shiro16 をランチに連れ出してminneの1on1はどうやっているのかを聞いたんだけど、そこでの話とこの本のおかげで次はもう少しうまくやれるんじゃないかという気がしてきた。

プールとポケモンスタンプラリー

津田沼駅前にはカジュアルに行けるプールがないので、いつも 千葉県国際総合水泳場 - CHIBA INTERNATIONAL GENERAL SWIMMING CENTER にお世話になっている。市営バスを使うと、比較的安価に新習志野までいけるのだ。

息子、少しずつでは泳げるようになってきているけど息継ぎが鬼門。

その後は、新浦安までいってポケモンスタンプラリーの中間ゴール(?)の品を貰って帰宅。