TDDBC長岡 1.0 でTAをしてきた

ついに開催された TDDBC長岡 1.0 で、ペアプロデモとTAという形でお手伝いしてきました。

せとあずささんとのデモは、Eclipseの設定忘れがあってもたもたしてしまうことに。

デモ自体は無難にできたような気もするんですか、ちょっとわざとらしすぎましたかね…

午後はRubyの2ペアのTAという形で見てたんですが、プライベートでRuby書いている人たちばかりだったので、それほど口を出すこともなく…

  • Rubyでクラスを判定するのはあまり筋がよくないよ
  • RSpecについて調べたかったら RSpec - Relish を見るのがいいよ

というくらいしか役にたった記憶がないような。

あまりにみなさんが優秀だったので、こっそりお題をやってみたり。 成果はこちら。途中までだけど。

kenchan / tddbc_nagaoka_java_version_parser

終わったあとの懇親会、二次会共に、お酒も料理もとても美味しくて、完全に呑みすぎていました。(変な風に絡んでしまった皆様、ごめんなさい)

故郷の方の皆さんと、こういう形で触れ合えてとても嬉しかったので、また機会があればお手伝いしたいと思います!

散髪ログ

近くの美容院が結局深夜営業を再開したみたいだったので夜に予約して散髪。

前回は3月3日だったので2ヶ月半くらい。すごく伸びた気がしてたんだけど、そんなでもなかったのかな。

Ruby 2.0.0-p195

Ruby 2.0.0-p195がリリースされて、さらにruby-buildもすぐにタグが打たれたので、esm-overlayのruby-buildを更新して入れたのでした。

MacにTDDBCの環境を作った(Java, Eclipse)

TDDBCに向けて、デモの環境をMacに作ったのだった。

自前のMacはSnow Leopardのまま凍結されてしまっているので、JDK 7が入れられなかったり、Quick JUnitとGrowlの連携がうまく動かなかったりと思ったような環境にできなかったけど、とりあえずデモができるくらいの環境にはなった気がする。

ところで、KeyCastrの代替ソフトって今あるんですかね?(旧いdmgみつけて入れてみたけどまともには動かなかった)

Funtoo Linux インストール講習会本番

まずは、当日の参加者の皆さん、会場を提供してくださったEngineYard様、ありがとうございました。

全員がブートまでは行けた前回に油断した結果、今回は何名かkernelのビルドが終わらないまま終了してしまいました。

前日の素振りでdebian-sourcesのbinaryフラグを付けた場合のビルド時間がやばいことには気付いていて、当日はCPUの割り当て数をなるべく多くしてもらったんですが、それでもマシンスペックによっては数時間コースになってしまい時間内に終わらず…

前回はgentoo-sourcesでカーネルのオプションもある程度整理したものをビルドしてもらっていたんですが、そうするとどうしてもブートしないマシンが出てきたりしてしまうので、今回はFuntoo Linux Installation ドキュメントをなぞることにしようとしたのが失敗といえば失敗ですね。

ただ、その長いビルド時間を利用して補足説明や、普段私達がどんな感じで使っているのかを紹介できたので(今までも軽くはやっていましたが)、今後のFuntooライフに役立ていただければと思います。

VirtualBoxコースを見ていてのメモ

  • BIOSでCPUの仮想化オプションが無効になっている場合があるので最初に確認してもらう
  • インストールのときはなるべく多くのCPUを割り当ててもらう(コア数の半分くらい)
  • debian-sourcesのbinaryフラグ付きビルドはディスクを大量に食うので20Gくらいは開けておく
  • どうせみんな同じ環境なんだから、kernelのオプションを決めて自前でビルドしたほうがいい(準備の時間…)

もしかしたら次回があるかもしれないし、参加者の皆さんからは「普段の使い続け方についてもっと知りたい」という声もいただいたので、今後ともよろしくお願いします。