2020-08-30: 猫の通院と掃除と本を読む本

子供がいると夏休みが子供基準になってしまうように思う。よく考えたら8月末まではいつも夏休みだったんだよな。いつも何か忘れていたものがあって最終日近くにあわてていたっけ。そんな今年はもう夏休みも終わっていて、ただの8月最後の休日を普通に過ごした。

午前中は掃除したいところが溜まっていたので、風呂やシンクなど水回りの掃除を一気に終わらせて、猫の部屋の毛が溜まりやすいところを掃除して満足。

お昼過ぎからは猫の通院n回目で、前回の入院でインスリンを量を増やした影響か、だいぶ経過がよいということで2週間ごとの通院でしばらくやってみようということになった。よかったよかった。

夕方からは買い物にでて、ついでに本を読む本を読み終えた。@hsbtがよくおすすめしてたので気にはなっていたが、読書キューの奥深くに眠っていた本。最近、「本を読む」ということを改めて考えさせられる出来事が起きたので、キューから引っ張り出してきて読んだ。感想はまた別途書こうと思うが、とてもよい読書体験ができたので、タイトルに興味を持った人には強くおすすめしたい一冊になった。