SCRUM BOOT CAMP THE BOOK 増補改訂版は入門書を兼ねたスクラムの基礎の本

実は、改定前の方は読んでいなかったので、ちょうどよい機会だと思って一通り目を通した。

本書は、漫画パートと文章パートを交互に繋ぎながら、はじめてスクラムマスターを経験する主人公(?)の悩みや課題、それらの解決方法や考え方を学んでいくことができる。漫画パートがおさえているポイントと文章パートの見出しが秀逸なので、これだけをざっと流し読みしてもよいと思う。

これからスクラムを始めようという人はもちろん、既にスクラムや何らかのアジャイルな開発プロセスを実践している人の頭の整理にもちょうどよいボリュームで、改めて自分たちがやっていることの意味や目的を再確認することにも役立つと感じた。

自分にとっては

  • リリーススプリントの必要性と、リリース作業としてそこに回すということは問題を先送りすることにもつながるという話
  • 開発チームのプロダクトバックログと同様に、スクラムマスターが対処する障害リストも可視化すること

の2つがあまり意識していなかったことだったのでとても勉強になった。

さて、この日記のタイトルにも書いた通り、本書は、入門書の皮を被った「スクラムの基礎」つまりスクラムというフレームワークの土台となる知識や考え方を紹介する本なんだと思う。もう既にスクラムを導入して組織にうまく適合させている人にとっても、明日からプロジェクトを少しでも良くするためのネタが手に入る素晴らしい本ではないだろうか。

最近、会社でも近くのチームでスクラムを導入してみたいという話があったので、そのチームのメンバーにおすすめしようと思う。

scrapboxの読書メモはこちら

P.S. 謝辞も更新されていてほっこりしました。