trailertrash.vimをやめてALE組み込みのfixerを使うようにした

csexton/trailertrash.vim というvimプラグインがある。これは名前の通り、行末の余分な空白を視覚化したり(自動で)消したりすることができるもので長らく愛用していた。

最近、pythonやgoを読み書きする機会が増えてきたので(昨年比)環境を見直していたところ、dense-analysis/ale の組み込みのfixerで行末空白を削除してくれるやつがあることに気付いた。

設定はALEのREADMEにある設定例のままで、全ファイルに2つのfixerを設定するといいかんじに動いてくれた。

さらにおまけとして、let g:ale_fix_on_save = 1907th/vim-auto-save、各言語のlintツールのfixerを全部有効にすると、書いてるそばからどんどんfixされてこれが令和時代の開発…という気持ちになったのであった。