けんちゃんくんさんの Web日記

「RubyでつくるRuby」を読んだ

RubyでつくるRuby ゼロから学びなおすプログラミング言語入門(紙書籍) – 技術書出版と販売のラムダノート を読み終えた。

導入では変数や分岐のような基本的なRubyの構文を紹介していて、一見ふつうのプログラミングの入門書のように見えるが、その次に「"木"とは?」というあたりから雲行きが(よい意味で)怪しくなる。

そこからは、この書籍(特集)のために作られた構文解析のgemを使いながら、インタプリタを実際に作っていくことになる。タイトルを見たときの印象は、字句解析や構文解析が相当大変そうというものだった。なので、こんな和やかな雰囲気の本で大丈夫なのかと心配していたが、その部分はありものを使うということでホッとした。

書籍の通りに進めていくと、最後には(使う構文を限定すれば)FizzBuzzが動くくらいのインタプリタが出来上がる。自分の書いたRubyのコードが自分の書いたインタプリタ上で動くというのは、自分にとってははじめての経験でちょっと(?)感動してしまった。

あとこれは余談だが、ラムダノートさんはShopifyを使っていてとてもよく出来ている…こういう体験を自社サービスで提供したいという気持ちが強くなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加