札幌Ruby会議のスポンサーセッションで発表します

札幌Ruby会議のスポンサーセッションで「ふつうのソーシャルコーディング」というタイトルで発表させていただきます。

サイトからの引用になりますが概要は以下の通りです。

日本Ruby会議2010のHead First ふつうのシステム開発から2年が経ち、私たちの開発を支える環境も変化してきました。
GitHubのOrganizationアカウントを導入してソーシャルコーディングを実践し、CIサーバとしてTravis CIを利用するようになりました。また、アプリケーションの運用環境としてHerokuの採用も積極的に行っています。 一方で、Pivotal TrackerやIRCなど、2年前と変わらず利用し続けているものもあります。
これらのサービス、ツールを組み合わせた、永和システムマネジメントの受託開発プロジェクトにおける「ふつうのシステム開発」の姿を紹介します。

今回はライブコーディングはやらない予定ですが、その分、私達が普段の開発で大切にしているものが皆さんに伝わるように頑張りますので、札幌でお会いしましょう!

https://sapporo.rubykaigi.org/2012/ja/schedule/details/P01.html