ペパボ3年目の夏

半年分の定期代をJRの券売機に課金(高い…)しながら、今日からペパボ3年目だということに気付いた。

大体、半期毎に新しいことに挑戦できてるし、それなりに成果も出せているように思う。

この間、JUGEMをやっているあたりから社内でプロダクトマネジメントに関する勉強会を始めたり、チームビルディングのワークショップを広め始めたようだ。

言語的には Ruby > PHP > Python となっているけど、器用貧乏を存分に発揮して、Ruby以外の言語ではプロダクションのコードを書くのはまだまだという印象ではある。

また、CTOと評価や目標の面談をしているときも、2年間だいたい同じようなことを言い(&言われ)続けていて、いろいろ手を変え品を変えしているものの、プログラマとしての自力がどれくらい上がったのか、自分の技術的な強みを発見・発揮できているかと言われると、まだまだですなーという感じ。がんばりましょう。

加えて、今年になってからはアウトプットの状況がよろしくないので、上期の分もふりかえって整理していかないとなーという思いを表明して今日のところは終わり。3年目のけんちゃんくんさんにご期待ください。